« バシ探検5/27日号 | メイン | パナなトラポ »

2006年5月28日 (日)

西響さん定期演奏会へ

1541エピのリクロック用OSCのレギュレータを
独立にして定電流-定電圧で組んでみた。
思った通り動いているか確認。OK!気持ちいいねー

そんで、あわててコンサート会場へ
30分前なのに長蛇の列。満席!大盛況!

リヒャルト・シュトラウス
13管楽器のためのセレナーデ

ヴォルフガング・アマデウス・モーツアルト
交響曲第38番ニ長調「プラハ」
第1〜第3楽章

ピョトル・イリイチ・チャイコフスキー
交響曲第6番ロ短調 作品74「悲愴」
第1〜第4楽章

ここんとこで耳の感度を最大にして鑑賞する。
第3楽章が終わって感激して、拍手をしちゃーいけません(爆)
はぁー。。。やはり生演奏は最高です。
はぁー。。。ふぅー。。。たまらん。

そんでー家に戻って、1541エピのOSCを定電流−定電圧REGリクロックOSCに換装
なに!!!この違いは。。。何???
次元がワープします。
前後左右上下の位置関係がすごく自然に、明確に再現されます。
不思議なことに低音の質まで自然になる。
うちの普通のSPでこんな音楽が再生されるなんて信じられない。
まるで生演奏会場で聴く音楽です。
なんと恐ろしいDACなんでしょう。。。

リクロックのREGを定電流-定電圧にして別ける。
これ、お勧めできます。
費用なんて500円以下でOK!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349245/13862467

西響さん定期演奏会へを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。