« 2006年8月 | メイン | 2006年10月 »

2006年9月

2006年9月30日 (土)

鈴虫激減

やっと鈴虫騒音から開放。2箱くらいまで減少。
♂の羽は磨り減ってボロボロ。そして♀に食べられてしまう。
♀は難産の虫が居て、ふんばるけど産卵出きない。苦しそう。
なんかどちらも。。。

遺伝子は受け継がれ来年の6月頃まで眠りにつく。
でも、もう限界超えたので嫁虫を入れた箱以外は処分するつもり。

植物

冬〜春に向けて、植物の手入れと植付け。
今年はオーディオに時間を使ったので手入れ不足でかなりの
ものが夏の暑さに負けてお亡くなり。数の整理になってヨシと
しておこう。

外はまだ暑い。動けば頭で汗をかくって歳なんだろうと思う。
それともエアコンで体質が変ったのだろうか?
困ったもんだ。。。

2006年9月28日 (木)

オーディオブーム?

の再来かなぁ?違うだろう。
ここんとこ、グルでやって無いと思われるところでも
名器と言われているブツのオク落札価格が平均2割くらいUPしているような?団塊の世代大量退職対策かな?あるいは油価格につられているだけかな?なのでENDにしたいがなかなか落とせない(笑

2006年9月24日 (日)

秋葉出撃!

秋葉組の皆様。ほんとうにお世話おかけしました!サンクスでした!!!

23日10時くらいに秋葉へ到着。
くましろさんから到着のメール。あらっ?某桜○ですれ違ってたかも?
くましろさんとお初のご対面!想像にかなり近い。
PROSTさん到着の連絡が入ったらしい。そして合流
PROSTさんとは今回で2回目のご対面。
お二人と一緒に秋葉探検に出撃開始!
そして某所で例のブツを捕獲。謎。

お昼くらい?にJinsoさんLUCYさんお弟子さん到着。
食事の場所も段取りされていたような?サンクス!
LUCYさんアンドお弟子さん。お初のご対面。ヨロシク!
想像ハズレ。ご対面してもしかして20歳後半かしらと。
あとでお歳伺ってこれもハズレが判明(笑
Jinsonさんとは2回目のご対面。でも明るい時間帯のご対面は初めて(謎)
これにて全員集合!

で食事するお店なのに食事を忘れて話が弾む!かなりの時間経過後に注文となる(笑 いいのだろうか?こういうお客は店にとっては嫌がられる(笑
食事をしながら益々話が弾む!!!

ふと気づくと15時を廻っていたような。。。
お店を出て秋葉探検フィニッシュに向けて再開。
そして奥深く秋葉を連れまわされる?(謎
某、若○でTr売り切れ。LUCYさんの裏ワザで某所にて無事Tr確保
やったぁ!

時は17時近く。そろそろ帰りの電車の時刻が。。。
ありゃ?カバン。コインロッカーに入れたのだけど。どこだったか?あいまいな記憶を話して秋葉組に案内され無事発見(笑
なごりおしいけど、秋葉組の皆さんにバイバイしてお別れ。
くましろさんとTYO駅までご一緒する。

いやーしかし楽しかった。1日がこんなに短いとは。
好きなことをしてると疲れないんですよね(笑
いつになるか?ですけど、次回秋葉の探検もおつきあいよろしく!!!

2006年9月18日 (月)

ATTのケースを

どうしようか?
カッコいいのが見当たらない。
本番のクロ基板を活かすケースにしたい。
電源は別置きにしたい。
バッファー兼アンプを組み込みたい。ATTの挿入損失分を補う程度のゲインでいい。
多量のオーバーオールのNFBは掛けたくない。
DCアンプ構成にしたい。

2006年9月15日 (金)

フィルター

液晶表示器の窓をどうするか?
無傷で自作は難しいような。
グレアレス?のアクリルってあるんですね。
ポリカーボのは無いのかな?
グレアレスで窓を外注しようかな?妄想。
ってKAIDACアンプ以外にリモコンATT+バッファーを作るつもりなので。

2006年9月14日 (木)

鳴きくらべ

ATT有りなしで微妙に変るけど。@20えんの抵抗器としては上出来!本番では抵抗器が変るので楽しみ。

KAIDACアンプは
内蔵DAC-/INPUTSEL・ATT-BUFF-POWERAMP→
               -LINEAMP→
にする計画。

2006年9月12日 (火)

自動見積

綺麗な基板を見てると、生板にテープ貼りでエッチングがどう〜も?。。。
かと言って穴明きでは。。。金メッキの大電流端子の穴が合わない。
では?どれくらい費用が必要なのか?ってことでKAIDACアンプに必要なしょうむない基板の自動見積を試してみた。
ぎゃっ。。。100Kなんてじき。
そりゃそうですね。基板設計を分70円で計算したって1日8h480分で33.6Kですね(笑
基板作るのに100K。こりゃぁー無理無理。

ちょっとはマシな方法で配布基板を穴明きに載せてKAIするしかないかな?

2006年9月10日 (日)

あててみた

KAIアンプ予定のH-1000を分解してフィルター越にどう見えるか
あててみた。
明るさは十分すぎるくらい。VFDまっつぁお。
スペースも十分。こりゃーやりなさいってこった。
でもバックがブルーなのでこれを活かすようにするのがいい。
透明フィルターでブルーが窓を覆うようにしたい。

ということはKAIDACアンプではシロ-クロ液晶を使用。に決定。
2枚使えば窓の大きさといい、ちょうどいい感じ。下はATT系。上はDAC系。
J氏のソフト使わせてもらって少し弄ればOKかな?
でもシロ-クロは品切れじゃないですか。。。

KAIDACアンプはスペースの関係で電源の組み込みが厳しくなってきた。別電源としてもいいけど。。。コンパクトにしたいし。
球を入れたいのだけどヒーターが邪魔になる。。。今回は諦めるかな?
代わりにDACバッファーはV-FETとかでどうなんだろう?
マイコン電源は捕獲済みのDC-DCコンバーターでなんとかなるかな。

2006年9月 9日 (土)

出撃

B6rjzco0
バシへ出撃して232Cケーブル捕獲。
しかし安い。もってけーなんとかという感じ。@300
フラットケーブルのスダレタイプCN付きをまた捕獲。@100
網でシールドするつもりなのでスダレがいいのです。

Ksさんと合流。
そんでプチミして液晶表示器捕獲。

バックライトLEDには抵抗器入れないとダメポ。
テスターの抵抗計で点灯させてみる。
光りました。がしかし?青に見えるのですけど?なぜ?
クロと書いてあったののは気の迷い?まぁー綺麗そうだからOK。

PC屋でミニ放熱器アルミ4個100えん。と銅2個忘れた350えん
くらい捕獲。
コイツを見つけていれば、銅バーからの切り出し、しなくて済んだ。

スダレケーブル。実は実質13芯だった(笑
14〜16芯が必要。
表示器側をLヘッダー、ATT側をストレートにして
スダレは10芯+αでテープ接着合成。溶着が使えないから。
1pin-1pinで圧接。

接続を確認してP-ON!
おおっ!綺麗じゃないですか!