« 2007年2月 | メイン | 2007年4月 »

2007年3月

2007年3月31日 (土)

バシへ出撃

ちょこっと、端子台捕獲に。
ほんとんど散歩で特に捕獲したものナシ。

続・・・・・あんぷ�

C3ryul9c
ちょこっと電源を入れてみた。
実験用電源±15V接続。
バイアス電圧源LEDは無事点灯。
R38が熱くないか?ぬるいなぁ〜あちゃ。
うにゃ?はつしん!
やったぁー!生きてるぞ。ヨシ。
しっかしこれはマズイ。。。

ちらっと見渡す。
�GNDを放熱器(シャーシ)に落とすのを忘れていた(爆
�電源ソースまでのリードが長すぎ。線カットするのがもったいなくて(笑 
デカップリングを大きくして(LXZ1000μF実装)誤魔化した。
どうやら落ちついたみたい。

オフセットゼロ調整OK
ファイナルバイアス調整OK
OUTの高域インピーダンス補正抵抗器(R38)も熱くならない。
明日は±36Vを接続してみよう。
大はつしんしたりして(笑
使ってる石はナイショ。モザイク入れないと(笑

パワTrの取り付けビスにCで接地しょうと思って念のため導通を測ってみたら絶縁だった。既成のタップ穴を使ったのでアルマイトで
導通不良。タップでアルマイトを剥しておいた。基板接地のタップ穴も念のため同様に。

2007年3月26日 (月)

TAE-607MR(妄想)

遂に!来た。閃いた!
TAE-607MR-ET SONYとサンスイのコラボのあんぷ。
最後のETはナイショ。
そんなこたぁーどうでもいいから、はよ、あんぷ�動かせって?
わたしゃ本質ジャンカーなのもので。

続・・・・あんぷ�

H6j_rfxn
UPするほどのことも無いけど。

2007年3月25日 (日)

続・・・あんぷ�

7mopsfag
う〜ん。。。ゆっくり〜楽しもう。
電源とかSP出力とかはネジ端子が実装できればいいんだが。。。
弄るのに毎回はんだを弄るのはめんどう〜。

放熱器捕獲しに出ようかな?←出撃した(ワラ

実装はまだ点検していない。

こっそり画像差し替え。
こうしておけば弄りやすいかも。

続・・あんぷ�(電源)

Ben9dhjy
以前Dで安く出ていたSW電源36Vでいちおうー動かしてみる。
電流容量は5Aくらいだったような?
本番では採用するか?
軽いので扱いが楽。安いし。@500

2007年3月24日 (土)

続・あんぷ�

バシへ出撃してブツを受け取る。
戻って、アジアじゃんくから放熱器を取ろうとするがこれがクセモノ。
なんちゅー設計。すごい。地獄構造。どのようにして組んだのか謎。
かなり人件費が安いのだろう。というよりタダなんかも?
こりゃー。。。
こんなことならDにある放熱器を捕獲しときゃーよかった。

でも頑張って無理やり取り出した。
ブツはお気に入り(笑
1枚ものかと思ったら、ツーピース。薄型ケースを作るのにいい。
なんのこっちゃ。もぉー浮気。

FETを選別。これで選別は完了。さぁー実装だっ。
でも疲れたので明日から。たぶん歳です。

2007年3月22日 (木)

続正体は

気温上昇とともに湿度が上がってきた。
静電気の発生も少しはマシ。
なんせ大昔の(SONYエスプリ)MOSなので保護が無いだろう。
週末は雨かもしれないのでMOS弄りにはいいかも?
でも、あんぷ�の組み立て〜試験もあるのですが。

稀少な2個ぽっきりを普通のビニル袋に入れて送ってくるとは。。
帯電防止袋くらい買っとけ。アルミフォイルで包んどけ。
と言っても、その前に素手で触ってるだろうけど(泣
安全なのは工場出荷から人の手が触れられていない状態で買うこと。そんで昔のMOSは大人買いとなる。
最近の若いコは困ったもんだ。というか、あふぉかーあー(激怒
たぶん。かなり。悲しくなるほどESDバリバリ。
おなくなりの可能性が特大。

2007年3月20日 (火)

続あんぷ�

土曜日くらいに火入れ目標で石を選別開始。
びみょうに部品が不足。
土曜日は動作試験は無理かな?
動けば、はつしん無しと安定度、歪み率を測る。
上手く動いていればうちの測定器では限界で見えないとなる筈。
あんぷを作ればはつしん。はつしんきを作れば発振しない。が
おもしろいところ(笑 縁起でもない。

スイッチング電源なのでノイズ対策を検討。
軽いLPFを追加して突入電流制限とデカイCに放電回路を追加してなんとかなるかも?

2007年3月19日 (月)

あんぷ�

弄るには端子半田付けはめんどう。
コネクターにしょうか。
実使用にはCNじゃー危なくてしょーがないので、あくまで弄るときのみ仮で。
放熱器はじゃんく。電源はスイッチング36Vだったか?