« 続1543×8続測定偏 | メイン | ホームセンター »

2008年3月29日 (土)

ひさびさ

じゃんくCD-Pを捕獲。
メカはSONY製だった。確かBU-1E。555ESDなんかと同じかな。OEM供給されたみたい。
お決まりのグリスの固着が故障の主要因だった。
分解して完全整備をしようか?まぁーその前に音を聴いてみたい。
ベルトは伸びてるので取替しないといけないけどキッチンペーパーに包んで湿らせて電子レンジでチンしてテケトウに誤魔化す。
あははっ!ちゃんトレーが出るようになったぞ。

どうやら先人が弄ったブツのよう。
電線の被覆に穴とか、光ファイバーが溶けてたり。
光ファイバーを動かすとノイズが出る。受光器が原因かと思ったけどそうではない。ファイバーを取替したいけど部品なんてあるわけない。Dのに似てるけど短いし。

音は!
ヘッドフォンで聴いてみたけど、さすが。骨太。
5532のGICフィルターですしね。

まさか、やる人はいないでしょうけどゴムベルトを電子レンジでチン。なんてことを真似してはいけません。
庫内で発火、爆発炎上する可能性あり、あり。というかする。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349245/13865919

ひさびさを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。