« 2008年7月 | メイン | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

じゃんくノート復活NB15

Dscf0017 Dscf0020 お世話の合間に某、起動せずNB15を弄る。

山勘て部品の交換作業。P-ON。あららっ。起動。。。しないな?おっかしいなあ~(笑

これはもっと単純な故障かもしれない。マザー交換してとりあえずじゃんくノートを復活しよう。

ということで、ジャンクマザーブームの時に捕獲したマザーの起動を確認。OK!

組み込む。あっれま?FDDのCNが無い。そういう機種のマザーなのか?でもFDDコントローラ関係のLSIはついてるし、CNのフレキのあたりに絶縁シートも付いている。ということはSMDマウンターでスカくらった不良基板か。そんで某GEN○に流れたのかもしれないね。

ついでにCPUをモバイルP-4Mの1.8G-ES板に換装。おおッSONYのESシリーズ(笑

気にせず組み立て。P-ON!おおお乙!動くじゃないですか!

リカ張りCDが無いな。テケトウにNB70のを入れる。あっれま?蹴られない。購入時の状態に戻しますか?だって(笑

続行。ちゃんと、なにから何までインスト終わったよ。どうなってるの?おまけにNB18になってるし(笑 試作基板でBIOSが入ってるフラッシュに機種データが無いなのかな?あるいはCPUがESってところが関係するのかな?おもしろいなあー。

それにしても、起動せずのマザー。どこが不良なのかな?電源。クロック。リセット。たいがいこのあたりでこける。それ以外はチップセットのどれかの石の不良で治せないでしょう。

まずはエサから見てみよう。電源CNだったりして(笑

2008年8月26日 (火)

Touch@i

某所で安く出ていた。気になっていたけど、またジャンクが増えるし。。。

今日、近くを通ったのがウンのつき。捕獲してしまった。@3K也

妄想:

液晶は10.4のTFT。最悪、小型モニターとしてKAIトラポに使えるだろう。?←あやしいけど。Win98とIE5.5とタッチパネルのソフト?が動いているみたい。USBとRS232Cそれにカードバス。カードバスのLANカードでネットに繋がるみたい。OSとかは256MのCFの中。今はCF安いのでギガ容量に換装すればいいな。とか妄想。

こいつを無線LANで接続して、じゃんくノートKAIトラポのコントローラに使えないか?つまりネットワークからKAIトラポにアクセスしてKAIトラポを操作してHDD内の音楽データをKAIトラポで再生できなかな?つまりジャンボリモコンに。

ジャンカーの皆様、大御所さまなら、きっとやっちゃう。とふってみる。

2008年8月24日 (日)

じゃんくノートPC

某F通の1.5GHzジャンクノートを捕獲。起動せずが6K円だった。

ほか某所にNECの3GHzノートジャンクが5Kくらいで沢山あったけど買わず。えらい時代になったもんだ。

このF通マザーはジャンクマザーブームのときに捕獲してある。外観がすごく綺麗なので液晶パネルは可能性あり。P4の1.8Gまで動きそうなのでCPU換装しよう。

マザー交換で楽勝だけど、不良マザーの復活もチャレンジしてみよう。

どこが具合悪いのかな?っても、あそこしか無いな。と妄想している。さて、当るがどうか?

あたるだろうな。かなり自信あり(笑

続SCD-X501KAI

Dscf0014 無事、動作した。

ピンアサイン読み違いで、接続間違い。電源入れる前の確認で気づいたから事なきをえた。

あたりまえだけど一発で動作した。

X501に組み込む場合はLアングルのCNをストレートヘッダに交換した方がいいかも?

音は!

これはいいですね!!!ハイエンドオーディオの雰囲気がよく出ている。

これが本当にTOSリンク出力かいな!って感じる音が再生される。元から付いてるTOTX141から出力。

あとリモコン関係を組み込む。そして完成となる。

おおおっ!

それより何より、KAIDAC-Ⅱで再生できた。1541差動。16倍OS。DCアンプの差動合成。

96Kはダメ。ノイズだらけになるのだけれど、DSD/SPDIFのfs88.2K出力は動作した。

メチャ音ええわ!!!!!好み好み!言うこと無し。

残念。。。

暖まると、ノイズが出る。オーバークロック状態でだれるのだろう。液体窒素で冷却とか(笑

2008年8月23日 (土)

LD

雨の時にピックの交換するのがいい。なんせLDは静電気で簡単に劣化するし。

キッチンシンクで手を洗いアースバンドを装着。コテもアース。服に霧噴き。

フレキをRF基板のCNに接続してからLD保護のハンダJPを外す。

ピック単体かと思っていたら、画像のメカ(光学トラバースメカユニットと言うらしい)だった。

これはいい!さすが。

Dscf0013 問題はこれ。。。

茶色部分を跳ね上げるとフレキは外れる。よく見ると確かにそういう造りになっているし。なんかCNは京セラ製みたいな?

取り換えせずに使えないかな?あかんな。フレキは可動するしロックを破壊してしまったから接触不良とかピッチズレに至ってダメ。

やるしか無い。

これは手ごわい。。。見えないことはないけど。。。メがねー(笑

もしかしてこのSMD-CNをつけてる半田はローズ対応のPbフリーかいな?なら融点が高いから、取り外し時にランドを破壊するかも?低融点半田でスクランブルして融点を下げてからでないと危険かも?

2008年8月21日 (木)

フライス盤

フライス盤がほしい。CNCならもっといい。と言いつづけると、そのうち。来ないかな?ありえん?

2008年8月20日 (水)

某SACD-P

Dscf0012 ピック他、部品を発注。復活を企む。

けっこうなお値段になるので新品を買った方がいいと思う。

それにしても、最近のドライブはネジが少ない。徹底している。 板金でっせこれ。逃がしとかよく考えてあるように見える。町工場おやじのノウハウ。金型に金がかなり。のように見える。ピックの移動ですれてボンデ?鋼板のメッキの剥げてる箇所がある。多少は歪んでいるのかな?ということはこの程度はサーボで吸収かな?メカの精度で。の時代じゃないのだろうね。

構造はPCの光学ドライブそのもの。

トレーによるローディングじゃなくてCDP-X5000みたいにメディアをスピンドルに乗せて、その上から手でウエイトを載せて固定するようにKAIするのがいいかも?

そうすると、ちゃちな樹脂フレームやローディングメカがいらなくなる。

ごっついコーリアンをくり抜いて、そこへピックとピック送りとスピンドルが一体になったユニットなんだから、それを取り付ける。カッコいいし音にもいいのでは。

2008年8月17日 (日)

続SCD-X501KAI

Dscf0006_2 Dscf0007

トランスベース

トランスはすべてシャーシから絶縁してL//Rでシャーシに接地します。

シャーシ関係のKAIはこれくらいかな。

Dscf0008_2 Dscf0009

TOSの横にCD/SACD SPDIFOUT切替基板が付く。

まるで設計したみたい(笑

次は信号の取り出しと配線。

疲れた。コーヒーブレイク。

Dscf0011 そのまんま進まず。今日はこれでおしまい(笑

じゃんくが来たので修理しようと分解。SACD読まない。

波及破壊が怖いけどX501のドライブ部分を載せてみた。動く。

とういうことは、たぶんぴっくがダメです。残念。ハズレ。。。

いやもしかしてフレキかも?半田不良かも?弄る。あっらあ~完全にお泣くなりに。

NO-DISC。参った(笑

CNからフレキを外すのにロックを引っ張るのだけれど、この機種のCNは、へんたいで

どうやらロックはダミーで。。。茶色を上に跳ね上げるだけでいいような。

いつもの調子でロックを引っ張るとロックの頭がメゲタ(笑

というかリフローの時の熱で劣化しちょるよ、これは。

部品鳥にしようかな。トランスは自体は共通でX501と同じみたい。

X501にはノイズフィルターがついているけど。

トランスを部品鳥してX501に追加して平行運転しようかな。高くつくトランスになるな(笑

そのご、再度トライ。読むな。2回目読まない。やはりピックが劣化かな?

どうしようかな?ピックとフレキを交換してそのまま使う?なんかこのブツは非常にヤニ臭いんですけど。。。それに。。。

完全ジャンクの京セラのDA-910にでも組み込んでみようかな?

DA-910SA誕生!とか。

蓋を開けると、何も無い。あっれっまぁー。なんてのもオモシロイ。

2008年8月16日 (土)

買出し

SCD-X501KAIの部品を買出しにバシへ。

PICリモコン回路用電源トランスなどを捕獲。上手い具合に実装できそう。

明日には途中だけれど、とりあえずK式もどきDACでSACDが聴けるかも。

リモコン受信基板とTOTX142を発注しないと完成しない。

2008年8月15日 (金)

続SCD-X501KAI ②

Dscf0005

エレアトさんhttp://fpga.cool.coocan.jp/wordpress/

のDSD/SPDIFを右サイドに実装。

元から銅箔テープを貼ってある。(右側のバックパネルと接触する面)

ほか貼芸がけっこうあったりする。それの方が安いんでしょう。

銅メッキした方がいいのに。