« 続 箱 | メイン | いよいよ »

2008年9月24日 (水)

SACD

カーペンターズシングル1969-1981を聴いてみました。

もぐらもどきのパワーアンプだと歪むので入れ替え。

4曲目:鳥肌。鳥肌。聴かせてくれます。熱くなって涙。。。もしかして生きてるんじゃないのか。

8曲目:ふぅぁぁぁ。。。ため息。

15曲目:ちとやりすぎでわ?でもこれでいいのだ。

若い頃テストレコードで耳タコの曲はまったくイメージが違う、21世紀バージョンになっている。と感じた。

かなりピアノの位置からの位相と距離感を感じる曲が多いと感じる。リミックスをリチャードさんが指揮したからでしょうかね。

このSACDは捕獲しておくべきでしょう。

あaaa聴きたい。部屋に戻って聴いてこよっと。

DSD/SPDIFサイコー!

ふと気づいたけどピックからの赤い光が丸見え。円盤を突き抜けてくる?早く完成させて蓋しめないと。。。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349245/16404954

SACDを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。