« SACD | メイン | 続 箱 »

2008年9月15日 (月)

じゃんくSACD-P復活

Dscf0024

じゃんくで入手のSACD-Pをやっと復活させた。

FPC-CNを壊したのが痛かった。これで大幅な遅れとCN取替のための消耗品とか工具の購入費発生。

FPC-CNの半田不良を確認するのに共立ワンダーキットの導通テスターが大活躍した。ICとかににダメージを与える心配が無いので、これお勧め。

トラバースユニットにフレキ2本とFPC-CN取替。あとリモコンも捕獲。なんだかんだで、かなりの費用が発生した。ブツ少なく、じゃんく本体が安く入手でないので修理するより24Kくらいで新品を買った方がいいでしょう。(グロスで部品代7Kかな。あと、じゃんく本体に送料)

このSDACD-Pオリジナルの音を聴いてみた。これは聴けない。SACDの能力が出ていない。この音ではSACDは売れんわ。単に掛かります、ならSACDもDVDも・・・掛かる激安プレーヤ買いますね。

エレアトさんのDSD-SPDIFに感謝・感激。それにK式もどきDACも。自作できるからこんな音の悪い安物SACD-P(しっつれい)でもKAIして超ローコストでハイエンドの音で聴けるのです。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349245/16203198

じゃんくSACD-P復活を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。