« 2008年11月 | メイン | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月23日 (火)

SCD-X501KAI

動作OK。

なんとか今年中に完成しそう。

VFDの明るさよりLEDの方が明るいからそれに露出が合わされた?のかな?VFDは動作しているのですけど。

Dscf0056 Dscf0057

いったい何のKAI?との質問があったり。

リモコンで出力fsを弄れます。SPDIF出力をCD/SACDで切替できます。ほか。状態表示のLEDが点灯します。実はそれだけなんですけど(笑

しかし、リスニングポジションが変らずにそれらがリモコンでできるところがいいのです。プラシボにならずに正確な試聴に繋がると妄想するのです。

2008年12月21日 (日)

SCD-X501KAI

Dscf0054 Dscf0055

LED---光ファイバーとのカプラを作る。

LEDブロック側は電源SW上あたりに取り付け。

白チップはファイバー出力側でフロントパネル側の隙間に入る。

自己満足。

2008年12月20日 (土)

無理やり橋へ出撃

そんな場合じゃないんだけど、少し寝てから橋へ出撃してネジ類を捕獲。

たった2本セットしか使わないのに、なんだかんだと3K弱、ネジ類を捕獲していた(笑X501KAI用の光ファイバーとLEDのカップラを固定するのに2mmの皿ネジが要る。

カップラはコーリアン樹脂で。ホント。素人が手加工ができる便利な素材だ。

2008年12月14日 (日)

SCD-X501KAI

Dscf0053

フロントパネルのKAI。

1.5Φの白LEDなんて橋では?見当たらない。ここに3Φとか使えないし。3Φだと繊細感が無くなると思うのです。

穴あけは1.5ミリの穴。ちょうど上手い具合に樹脂ベースに切れ目がある。そこを利用。

光ファイバーを一番上の穴に入れてみた。いいんじゃないでしょうか。と自己満足が一番。

2008年12月13日 (土)

SCD-X501KAI

Dscf0049

できた。

なんせ、まとまった時間がとれないので、この程度でも完成までには時間がかかる。

右の赤いCNは電源DC-IN(リレー・LED系およびPIC系)

左の黒いCNは状態表示LEDへの出力

リレーの間にある赤いCNはSPDIF出力の切替

青いCNは出力Fsの切替

そんなこんなを*外観を替えずにリモコンでやりたいから、KAI。

試聴位置を立たずに変更できる。

*:分解して検討した結果、フロントパネルに穴を開けることに。。。外観が変るけど。トホホ(笑

リモコン受光器窓の周辺にLEDを仕込もうという案。試して見ると、接着テープが邪魔をしてLEDの光が滲んで見える。まるでミストサウナみたい(笑 接着テープのその部分だけを綺麗に取り除くのは不可能に近い。LEDの穴開けはハイトゲージでキッチリとケガいて位置ズレなしで開ければ、あっ、きちゃな、とならず、なんとか見れるでしょう。LEDは表面がフラットなものを使えばVFDのフィルター面と面-面で違和感は少ないかも。。。覚悟して開けよっと。 GO!

気に入らないなら、取替(笑

2008年12月10日 (水)

そろそろ

1541エピKAIがK式もどきの3.5Bに負けて、また石選びをして石を発見して1541エピKAIが勝った。情報量がダントツ落ちない石なのでこれで決定でしょう。

すけさんかくさんもういいでしょう。とご老公(笑 

あのシリーズのドラマも長いけど1541エピKAIも何年やってるのだろう(笑

試作版で得たノウハウを全部入れた1541エピKAI完結版なるものを作らないと。

2008年12月 8日 (月)

ワッチ

http://fpga.cool.coocan.jp/wordpress/

私は運良く1541版が入手できたけれど、ハズレだった人も。

ワッチすると次期領布のことが書かれてあった。

1541版を早く動かしたいけど、X501KAIを完成させないと。。。

放置するとそのうちX501がじゃんくになっちゃう(爆

2008年12月 7日 (日)

SCD-X501KAI

あまり進まず。Dscf0048

ラッチングリレー+状態表示LED系のレギュレータ

PICリモコンマイコン系のレギュレータ

3端子NF、ブスバー、デジトラ。

デジトラはTrアレー東芝のTD-なんとか、にした方が配線しやすい。たぶん。

DC回路の保護はポリスイッチを使ってみた。

2008年12月 6日 (土)

部品

橋で捜してやっとパワーラッチングリレーを捕獲したが、どうも気になる。それにデカイ。

使用する回路には微小電流しか流れない。

小信号用のラッチングリレーが無いかとパーツランドを覗く。バーゲンをやっていた。

オムロンの2巻線型の2回路のがあった!

これに換えよう。G5AK-237P捕獲。これで安定したコンタクト状態で使用できる。

パーツランドを始めから覗いていればよかった。パワーラッチングリレーが無駄になった(笑

パーツランドは元ニノミヤ無線の有志がやっている、橋では貴重なパーツ屋。

そのた。起動せずのじゃんくノートを捕獲。

電源入れてみるとちゃんと起動はするけど肝心の液晶がお泣くなり。

バックライト切れならマシだけど、そうじゃなくて。。。珍しいなあ~

久しぶりに耳タコの某CDを、あの石を実装した1541エピKAIで聴いてみた。

これはやはり名石だ。凄い情報量にやられてしまって、どうなるんだ?と次から次へと時刻は零時直前だというのに。