« 2009年4月 | メイン | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月29日 (金)

しゅつじん~

たいへん。べんきょうー に。なりました。 きもちよくべんきょうーできました。

じかい、がんばりませおう~♪ じかんがないぞ(爆)

2009年5月27日 (水)

いっぷく

ひらきなおって、明日は出陣。どうなることやら。はやくケリをつけたいものです。目処がついたらB-607MRを再開。

やりたいことはいっぱいある。

1541I2S差動 DSD-1547DAC XE600をDA-910の筐体とかに組み込んでSCD-910DAとか。いや、DVD-H1000の筐体に入れてSCD-H1000の方がいいかも。あとLH0032ラインアンプとか。

1年は早いもんで、鈴虫まじか。まだかえってませんが。

2009年5月22日 (金)

きゃのん。

おそろしっ。立って仕事をやることは仕事の内容によってはそれがいいし否定はしない。

でも、記事を見るかぎりにおいては自己中社長の好みでやってるとしか思えない。会社は誰のもの?

2009年5月21日 (木)

DSD 1547

リリースが開始されたもようー。

2009年5月18日 (月)

ワッチ!

http://fpga.cool.coocan.jp/wordpress/

早起きしてワッチ。おおおっ! ほしい。

2009年5月17日 (日)

LH0032ラインアンプ他

Dscf0092 Dscf0093

パーツが行方不明になる前に組んでおこう。

ここでラインアンプ基板を洗浄。

電解など実装。

レギュレータ出力電圧を確認後、LH0032を実装する。

Dscf0094

オフセット調整VRつき変換基板を1541エピに実装してテスト。

問題ない。放熱器をつけないとヤバイ。と思いつつ、それより音楽を聴ききたいこの魔力。

2009年5月15日 (金)

一時停止

いいところなのにB-607MRも一時停止。すこしの間、専念しないといけないことが発生。

PROSTさんのLH0032ラインアンプ基板は明日にでも組み上げて形にして。

2009年5月10日 (日)

続-11 B607MR

Dscf0091

穴あけがいちおうー全部済んだつもり。

仮組みをしてみて不具合がないか見てみよう。

あれまっ。さっそく、当り。フィルター基板と電圧増幅段の電源基板を載せるアルミ板がパワーアンプユニットの放熱器に当る。放熱器のヤツ、実は面一じゃないんだ。。。

カットしないといけない。もぉー牛。今日は疲れたので止め。

2009年5月 9日 (土)

続-10 B-607MR

ベース(本体と電源)の穴あけ完了。水洗いしてきれいにしておいた。

明日はリアパネルの穴あけ。これで穴あけはおしましい。天板を角穴パンチングにしたいけど特注になるみたい。高価。

2009年5月 6日 (水)

続-9 B-607MR

Dscf0090

Fパネル連結BKT製作取り付け。P-SW-ASY,BKT製作取り付け。

まだまだ、さきはながい。ランチブレイク。

電源ベースにSW電源取り付け用のタップをたてる。シャーシにアンプモジュール、電源ベースの取り付け位置をけがく。 雨がふりだす。マイペースで行きましょう。

ふと。P-SWは定格電流10Aあるけど、ご老体のSWなのでAC100Vリレーで電源をON-OFFした方がよい。ついでにSSRかフォトMOSでリレーを制御できりようにしておけばコントロールアンプと連動しやすい。