« 2011年6月 | メイン | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月30日 (土)

6m

6mのじゃんくリグを捕獲してみた。

受信はOKのもようー。送信はダメ。出力しない。

トランシーバーなので送信がどこまで生きているかわからない。

別の受信機がほしくなる(笑

ベランダにワイヤーを張ってみた。受信できた。なつかしいAM。

しかしノイズが凄いなあー。たぶんPC類のノイズのような?

昔と比べると電波環境悪すぎかも。

すこしマシなANTでも揚げてみようかな。

2011年7月21日 (木)

コントロールアンプ

こんなモノを弄ってました。

密封に近い状態なので内部はピカピカです。

注意しないといけないのは、コネクター。必ず抜き差しを行なってワイピング効果で接点をリフレッシュしてから試聴すること。

これをやらないと電解コンを通したような、障壁で音楽信号が減衰したような、なんじゃこれ?の音がします(笑

このあたりはリード線を直付けの自作品が有利ですね。

音は!!!LH0032を最上級に自然にした音に感じました。

凄すぎ。。。

1984年生まれ、27年も前のモノ。当時の技術者はどうされているのでしょう。

こと、アンプに関しては現在のモノは退化してる。確実にそう思います。

Dscf0323

2011年7月20日 (水)

完じゃなかったレストア

P-ONして1曲目でかすかなノイズ(ばっ。ばつ。て感じ)がAFでもSPDIFでも。

2曲ほどの時間経過で治る。

こりゃーたぶん、感では電解か?X-TAL発振回路の異常発振かも?

コンデンサーチェッカーの出番かな。

エージングで治まりそうだけど。。。

2011年7月18日 (月)

完レストア

タクトSW交換。A/D変換したデータでどのキーが押された見ているみたい。マイコン暴走みたいな動作をしたので交換。

MUTリレーを2個とも交換。片方のリレーが焼損していたのは、たぶんDC漏れした機器を接続したのだろう。

試聴:けっこう、いい音が出る。プレミア価格になるものうなずける。でも、コイツをトラポにして1541-KAIDAC(1541差動DC結合)で鳴らした方がもっとよい(好み)

2011年7月15日 (金)

西瓜

接木されてるけどジャンク。とかで投売りされていたスイカの苗を試しに1本植えておいたら

ナンと。スイカが2コなってるじゃありませんか!現在、直径7cmくらい。

ヘタが焼けそうなのでスペーサーを敷いておいた(笑

スイカってけっこうラクに栽培できるのかも?

鳥に食べられないのかな?カゴでも被せておこうかな。

Dscf0322

2011年7月 8日 (金)

ヘッドフォンアンプキット

DにあのICを使ったキットが出ていた。確か2440円。

他、BTLアダプターにもなりそう?なアンバランス→バランス変換キットも出ていた。

でもねぇ~。付属の部品がしょぼい。基板はそれに合わせてアートワークされているから、ちと。。。REYとかPRP抵抗器を素直に実装できないような。。。

せっかくなのでマニア向けバージョンを出してくださいな。

魔法

PPSコンデンサーの魔法にかかってしまった書き込みをけっこう見るようになった。

これを聴いてしまうと、今までのCはクセだらけで。と感じてゴミ箱行きにしたくなる(笑

ヒロさんの掲示板にもパナのECHUが使えるようにしてほしい。と言う書き込みがあった。同意。SMDの入手もしやすくなったし。

整流器がショットキーに変ったようにハイエンド機はすべてPPSになるのでは。とか。

といってもPPS臭さが無い。といえばUSOで。。。臭さはある。

ウン100万の機器でも出力カップリングが電解なんてのもあるから大容量のPPSを開発して~とか。

づかさんがチップPPSを壁にして20μFを製作して良好のもようー。

2011年7月 6日 (水)

続レストア

HRSのXLRコネクターは日本橋のパーツランドさんで入手(取り寄せ)できる。

これで本体裏パネルの追加工は不要となった。やれやれ。

残るはSPDIF-COAX出力のRCAオレンジ色。

ピン配置は異なるがX501とかのモノで代用するしか無いかも。。。

2011年7月 3日 (日)

レストア

CDP-Xをレストア開始

SPDIF出力のXLRコネクターとピンジャックが入手できない。

XLRはHRS製なので入手できるかも知れない。もう少し捜してみよう。

キャップボルトも純正は無いがSUSのキャップボルトでも違和感は無いので採用。

ビス類他、取り替えると見違えるように美しくなった。

AC入力にノイズフィルターが入っていないので、Y式もどきを入れたい。

当時からすれば電源環境は非常に悪くなっているだろうから、よくなる可能性が高い。

しかしできるだけ元を崩したくないのACコードにY式フィルターを組み込むことにしよう。

2011年7月 1日 (金)

こっそり

メモリーバッファーの領布受け付けが再開されたもうようー。

コンパクトになったことと、SMDのマウントは業者さんで行なわれた

ものが配布されるとのこと。

半完成品って感じですね。再現性が向上するでしょう。

ワッチ状態だったのですが老眼でも作れそうなのでポチッておきました(笑

http://www.telnet.or.jp/~prost/DISTRIBUTE.html