« DN-USB DACのD-D化KAI | メイン | 久しぶりの試聴 »

2011年8月 7日 (日)

DN-USB DACのD-D化 完

hpミニノート(Win7)にfoobar2000をインストルーしてe-ONKYOから落としたファイル96kHz24bitを再生してみた。

KAIDAC(TDA1541A)では再生できなかった。つまり48Kを超えるfsになっていることは間違い無い。

PCM1794のDACをに接続して再生OK!

念のためオシロでSPDIF波形を観測。

PCでfsを変更すると、それに応じて出力周波数が変化したので

間違い無いでしょう(笑

無事USBで96kHzが再生できた。

音は!!!凄すぎ。。。

極超真迫サウンドと言うのでしょうか。柔らかく、自然で、なんせ自然で

出るときは出る、こんなシンバルは生以外で聴いたことがないです。

音源の入手が問題でしょうが、これを聴いてしまうと戻れない。。。

みなさんの自作DACにユニットの追加をお勧めします。

騙されて聴いてみてください。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349245/26897958

DN-USB DACのD-D化 完を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。