« 2011年8月 | メイン | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月18日 (日)

LT3080+LED電源

Dscf0359

SET端子にLED電源をつなぎこんでみた。

へぇー!

かなり音が変りますね。

LED電源の音のよいところを引き継いでる。

2011年9月12日 (月)

USBアイソ用の電源

LED電源出力をLT3080のSET端子に接続する。

必要な回路分だけLT3080を増やせばよい。

肝心なのは音!!!

2011年9月11日 (日)

ISO4160 USBアイソ

ヒロさんところのISO4160-Aを組んで使ってみた。

これは必須ですね!

電源は否安定のACアダプターを使用。

と言うか。USBアイソだけの効果ではないような?

DDCがバスパワー駆動なので、それが別電源駆動に換わる。

というところも大きいのかも?OSコンとかも追加された格好になるし。

結局、音的にはバスパワーはよろしくない。ということになる。

96kHzで問題無く動作しています。

2011年9月 6日 (火)

C310で試聴

DDCにKAIしたDN-USB DACとC310に換装したPCM1794-LH0032-IV/DSCでハイレゾ音源を試聴した。

C310効果は凄い。最高にリアル!

ミニノートのACアダプターと内蔵BTT運用で音の違いが出るか?試聴。

キッチリ出ますね。BTT運用の方が空間表現力が上がる。

ということは、ヒロさんのUSBアイソを入れると。ちと期待。

早く組み立てねば。

2011年9月 4日 (日)

NECのジャンクノート

VY10F/Bとか言うヤツが電源入らずで1Kだった。

分解。ダメです(笑

電源部らしきICが焼損していますね。Cのショートを期待したのですが。

(追記:裏側のCチップセラコンもダメ。燃える寸前のものを発見。真の原因は?)

ICの型番なんて読めないし。入手も無理でしょう。

どうやらこの機種はこの障害が多いような?

使い道は液晶パネルとかキーボードとかの部品鳥くらいかな。

元に組みなおすのが面倒になってきた(笑

2011年9月 3日 (土)

ジャンクのトランス

Dで@300えんの定格不明のジャンク?のトランス(2519-2117カバー付き。もしかするとショートリングも付いてるかも?)を動かしてみる。

リード線の色とDCRを測定してAC入力側を捜す。

たぶん(W・Y)コレがAC側。ヒューズを入れておく。

スライダックで徐々に電圧を上げてゆく。大丈夫みたい。

19-0-19Vと0-5Vのようだ。

DACに使えるかも。

2台使いにして漏洩磁束をキャンセルするように配置するのがよいかも。巻き線の使い方はいろいろ。

試聴

F通石を菱石C310に戻して試聴。

アタックが凄くリアル。過度応答が凄くよい。生に近い。

もちろん360°球体サウンド。定位がドンピシャで決まる。

CD聴きなおし中。

2011年9月 1日 (木)

菱石発注

これは捕獲しておくのが大吉。

NECや三菱には音のよい石が多い。

ということで、発注しておいた。

菱石のCANでC310スペックは

Si.EP 140V 5V 500mW 65 10V 150mA  120MHz 6PF 84B

LH0032のIV差動合成基板を使われている方はこの石に換装するのが大吉。PNPはNEC A606 NPNは三菱 C310 PNPはSTマイクロ2N2905A ZDは三菱 MZ416  定電流回路は富士通 A809 / C