« 2011年9月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月

2011年10月27日 (木)

続Ⅳ EMI DAC 9018S +LH0032 IV-DSC

少し弄ってみる。

SPDIFの負荷抵抗とSPDIFアンプの抵抗2本をREYに変更してみた。

変りまくる。あのREYでこんな音になるとは?ハテ???

神のDACが電解コン結合のア△ュ○ェーズのDACの音に化けてしまった。。。

龍一の感性には合わず、エージングする気にもならず。

元の抵抗器に戻した。

元の音に戻った。感激!!!

添付品は、たぶん音がよろしくない、とのWebでの評価の?秋○の抵抗器じゃないかと妄想する。が、しかし。。。

オーディオはナニですね。

次はPRPにしてみよう。

というかES9018SであってもSPDIFの部分はナニということですね。

2011年10月26日 (水)

続Ⅲ EMI DAC 9018S +LH0032 IV-DSC

凄まじいアタック感。

過度応答が抜群によい。

ホーンSPに替えたような錯覚を覚える。

CD聴きなおしが続いている。

2011年10月24日 (月)

続Ⅱ EMI DAC 9018S

LH0032 IV-DSCに接続して無事音だし成功!!!

コイツはただものじゃない。

凄まじい分解能。

凄まじい解像度。

凄まじいS/N比。

凄まじいエネルギー感。

演奏者一人一人の気配を感じる。それで鳥肌。

PCM1794は完全に終わってます。

K式もES9018を使いましょう。ぜひ。

Dscf0369

5V電源はLT3080にLED電源を基準電圧源として注入。コイツは効きます。

IV-DSCはLH0032のDCアンプ構成。

シールドGNDはブスバーで取り出し。

2011年10月23日 (日)

続Ⅰ EMI DAC 9018S

Dscf0368

組み立ててみた。ES9018までは完成のつもり。

LH0032 IV-DSCに接続してみよう。

2011年10月 7日 (金)

6111 DAC

http://mhitaste.cocolog-nifty.com/blog/

期待!!!

2011年10月 5日 (水)

EMI DAC 9018Sの部品集め

大きくはIV-DSC部分のCRとOPアンプが未添付なので捕獲しておく。

と言ってもRはPRP、CはPPSで決まり。

OPアンプはLM6171を使ってみる。というか5534で動作確認してからですが。しかし、そこまで行かない可能性もある。

LH0032のIV-DSCとかK式№216のサブミニ管使用のIVCとかも候補。

バッテリーでES9018を動かすのもオモシロイかも。

箱はお役御免となったCS-PCMチューナーを使う。

2011年10月 1日 (土)

ES9018DACの部品セット

EMISUKEさんHPでEM-DAC 9018S Ver1.0部品セットの受け付けが始まっているもようー。

ES9018チップ他、ちとハンダ付けがきつそうな部品は実装済みとなっているもよう

これは楽しみです!!!