« S/PDIFアンプのNFB抵抗器 | メイン | D-Dコンバーター SD-022 »

2011年12月24日 (土)

続4 QA-550 SDカードトラポ

コモンモード+ノーマルモードチョーク、4端子電解、ACアダプターパラを試してみた。あっ。それと付いていた逆接防止DiをFBに換装も。

始めは眠たい音で捨てたろうか(笑 30分くらいで目覚めだした。

この電解は昔の問題の電解では無いと思う。そういう音がしないから。

それより、DiをFBに換装する方がよい。これだけ入れておけばコモンモードチョークは要らないような。まぁー環境によるでしょうけど。

ACアダプターのパラはよい。超低域がきっちり制動されるようになる。

ACアダプターの逆相接続(差動的)はダメだった。ボツ。

定位が変で耳がねじれる(笑

結局のところ

ACアダプターのパラ使いとDi(D1とD3)のところをFBに換装するで

次元がワープ!!! かんたんで効果絶大ですね。

あと、ACアダプターを分解して整流器をK式のあれに。

それと本体やACアダプターの電解コンを好みのものに換装すれば完。

その後

ACアダプターを分解してK式FR-Diに換装。電解コンにPPSフィルム0.1μFをパラにした。

残るはジッタークリーナーを入れてみるくらいかな。

ご注意!

温度ヒューズ等による保護回路は実装されていないもようー。例えば分解の衝撃で巻き線がレアショートとなるかも知れません。

そうなると、火災に至る場合もあるかも。KAIは自己責任で。

分解はタッピングネジ2本を外し、繋ぎ目にスクレパーを入れてハンマーで叩いて割る。一部接着剤が付いているが簡単に分割できる。

このACアダプター(Dにある@150えん)のトランスは1次と2次は分割ボビンで1次の上2次を巻いていないから、たぶん1次対2次の静電結合は少ないと思う。つまりオーディオユースにもよい。

整流器は1N4001でノイズ防止のセラコンがパラれている。

平滑コンは16V3000μFの85℃品。3000もあれば十分だろう。

環境にもよるだろうけど、やたら大きいのはどうなんだろう。

Y先生の記事にもあったけど、最適値というものがやはりあるかと。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349245/27648901

続4 QA-550 SDカードトラポを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。