« 2011年12月 | メイン | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月29日 (日)

FFDAC9018S v2

PICが届いたので液晶表示関係を実装してみよう。

液晶表示があるとないとでは弄るにしても大違い。

数値で判断できるから。

Dscf0434

実装してみた。無事動作した。

これは必須のアイテムかと。

リモコンで操作したくなる。

Lowestで試聴。音が聴こえた瞬間、鳥肌。これはすごい。

ロック外れは起こらない。

QAとかの電源ノイズフィルターの効果だろうか。

ちなみに、液晶のエサは5Vですので、P36に供給する電源は5Vです。

2012年1月28日 (土)

DAC9018Sで使えそうな基板

http://www.telnet.or.jp/~prost/joyful/joyful.cgi

PROSTさんが検討しているもよう。

http://www.telnet.or.jp/~prost/DISTRIBUTE.html

2012年1月23日 (月)

DAC9018Sのケース

ヒロさんのDAC9018用のPICのV2がOPで領布となった!

やったあー!これでかなり遊べるぞ。

ついでにDAC9018をモノ使いとする。

そんで。箱。

もちろん、箱は、あれ。ナント、ドンピシャ。

マジメにLH0032 IV-DSCを作らないといけない。

バランス出力を設けるつもり。それが好み。バランスの音はよいと思う。

QAを受けるI2SのCNが問題。やはりHDMIを使うのが無難のような。

2012年1月16日 (月)

続 ミニノートトラポ?

とりあえず動くけど。。。

2012年1月12日 (木)

ミニノートトラポ?

FMV-P8215T(中古)が安く?約7K~8K円で出ている。検索すると数件ヒットすると思う。9週の方はOSも入っているもようー。

で、捕獲してみた。目的はタッチパネルで操作できる静音PCトラポ。

スペック的には非力そうだけど、なんとかなるのでわ?と妄想。

ファンレスなので、静音。

中古だけどバッテリーインジケーターでは約7時間と出ている。

ミニなところはタッチパネルがあるので操作性はOK。

OSインストOK。けっこう速いような。

当初タッチパネルが動作せずで悩んだが解決。便利。便利。

あとは音飛びとかせずに動くかどうか?

コイツにDDCを付けてとか。

SDカード入れてとか。

2012年1月 9日 (月)

続2 待ってました!!!

DAC9018Sは進化を続けている。DAC基板を増設してみたくなってきた!

http://30.pro.tok2.com/~easyaudiokit/bekkan/ES9018/ES9018-3.html

自作の強みですね。

LCD表示があるから、意匠もメーカー製に負けないモノにできる。

もし、メーカー製品で追いかけて行けばとんでもないコストとなってしまう(笑

自作万歳!

2012年1月 7日 (土)

I2S接続

DAC9018SとQA550をI2S接続で試聴してみた。

凄い!!! 満点。実行した人のみが感動を味わえます。

これを聴いてしまうとS/PDIFでは使えない。腐ってる。

Dscf0432

余談だが、同軸OUTのピンジャックのGND側がパネルに接触しそうだった。下側に少し曲げてみたら、ポキッとカシメが折れた(笑 半田付けで修理した。

2012年1月 5日 (木)

続 こてはじめ

DAC9018S

無事、動作しました!!!

QFPの位置合わせが成功のカギかと。

それから、コテ+コテ先選び。

ハッコ-ダッシュ(452-T-D)を使った。

コイツでQFPのハンダ付けはバッチシ!

フラックスを塗布してQFPリードのエッジとランドの境にコテを当てる。

2012年1月 3日 (火)

こて始め

今年はDAC9018Sでコテ始め。

コテ先選びでかなり作業性が向上した。

HCU04はLVCU04に変更しようかな?

Dscf0425

位置合わせは案外かんたん。大丈夫・できる。妥協しないことだ。

はんだ付けは。。。ブリッジしまくり。あっつちゃー。。。

さて、どうしょうか。吸い取り線でブリッジを直すしかないような?

特殊クリームはんだを使うのが成功のカギみたいな。。。

でも特殊クリームはんだって音悪そう(妄想)とか言っておこーっと(泣