« 思い出してじゃんくミニPC | メイン | なんちゅーか。 »

2012年9月 8日 (土)

TDA1543 球DAC/ LED電源のLPF

情感再生力ではES9018+LH0032IV-DACに負けていない1543球DACだけど

聴感上のDレンジとかパワー感、押し出し感はES9018の方がよい。

原因はLPFのLが問題じゃないかと?パラ使いしても、なんせDCRがけっこう大きい。

Kにあった大型のトロイダルコイルと18 mH10mHのコモンモードチョークを

捕獲して試してみた。(PLA10AN1030R7R2B)

まず大型のトロイダルコイル。なんか力感がイマイチ。でボツ。

コモンモードチョークは18mH10mHあるので捲きをほどいて4mH程度にして片方のコイルを使う。(140cmほどくと4mH程度になる)

これは大当り!またまた次元がワープ!!!

低域の力感、パワー感、スピード感、つられて?聴感上のDレンジが凄く向上する。ふわっとした低域がブルン、ヅンという感じに変る。

いろいろ試したけど、コイツが1番!

確か200えんくらいだったと思う。ぜひお試しあれ!

ここまでくればCDだけを聴くのなら、ES9018でも1543球でもどちらを使ってもよいと思う。

PS: DCRを測ってみた。

Dの4.7mH→13Ω

6.8mH→10Ω パラにしてもまだ大きいような。

コモンモードチョークKAI→0.2or0.3Ω(測定器の限界、デジタル表示なので)

そりゃ効くわ。

試聴を継続・・・

クラシックもロックもよい。TDA1543は銘石ですね!

しかしナニです。ES9018の音に似ている(笑

それにロシア球からこんな音が出るとは(笑

音は電源だなぁ~。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349245/29758879

TDA1543 球DAC/ LED電源のLPFを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。