« じゃんくノートマザー 絵が出ない変 | メイン | ES9018の箱入れ »

2012年10月 5日 (金)

TDA1543球DAC/LED電源 の電流LPFのL

コモンモードチョークをKAIしたものがよいのですが

Dに大型の3.3mHがあったので捕獲して試聴してみた。

これなら場外乱闘もないしKAIの手間も無い。

足をフォーミングすれば実装できる。

DCRは2.8Ωでまずまず。

試聴:

ボーカルが前に出てくる。中域がよく聴こえる。でも口が大きくなる。

迷うなぁ。。。

こう言うときは情報量で判断する。というのがK式。だったですよね。

で。情報量は多い。なので捨てない。

ということは別のところに何かある。

で。

I-V抵抗器をREYから利久に換えてみた。で。試聴。

もぅおっ!ですね。ビンゴ。

おもわず笑ってしまった。@3えんですよ。この抵抗器(笑

@120えんとか言っても買うでしょう。

アタックがよいからハートがしびれる(笑

試感上のDレンジが4dB-UP!

聴感上のfレンジが1.5倍!

ぜひお試しあれ!

Dのチョークと利休ROで決まり。

Dscf0545_2

10/13

さらにカソード抵抗器とPLLループフィルターのRを利久ROに交換。

よいですね!

アパチャ-効果で高域が下がっているのがわかるけど。これで十分。

UpサンプリングしてI2Sで受ければもっとよいかも。

もっと聴きたければESがあるし。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349245/29998525

TDA1543球DAC/LED電源 の電流LPFのLを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。