« 2013年3月 | メイン | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

続3 ADD POW

はじめに聴いた時の昔のOSコン実装時がすごくよかった。でも時間経過でダレてくるの困る。。。

そんで、気になるマザー(9018S)側の元レギュレータ周りのセラコン104を削除しました。

代わりにマザー(9018S)側のSVPとパラにECHUの223を実装。

ADD POW基板上のREG出力の223を削除してWIMAのPPSコン105に変更。

そんで試聴!

よい感じ。CDをかけて、ずーっと電源を入れておく。

そんで試聴。ダレは無い。

マザー側のSVPとパラの223は103~102くらいでよいかも。

手持ちが無いので捕獲して試してみよう。

そろそろFIXかな。

ジッタクリナーなクロックモジュール

http://www.telnet.or.jp/~prost/DAC/ClockModule/CLOCKMODULE.html#20130427

よい感じ。ですね。細い同軸ケーブル(ノートPCの無線LANのANT-CNみたいな)が使えるようなCNをお願いしました。

いろいろなところに使えて遊べるように、たんと付いていますね。

超期待しています。

昔流行ったInfraを使った重量級トラポにTPSの超ローノイズREGと、このクロックを載せて

P2D基板とDSD原理基板で最強の再生をめざす!!!とか妄想してみたり。

追伸:どうやら私はTPSのポーカーフェイス的な音が好きなようです。

なんら味付けすることなく、機器の存在を感じさせない、出るべきときに精密感を持って再生する。をポーカーフェイスと言ってみたりしています。

2013年4月26日 (金)

続2 ADD POW

SVP(SEP)の異容量パラを止めて(ADD POW上のSEPを削除)試聴。

やれやれ。まともになった(笑

SVPの異容量パラに気をつけないといけない。

SVP単体でその頭を叩いた時の音を記憶して、基板に実装して聴いてみてください。

その音がつきまとう。すごい癖が出る。

まるでコンデンサーマイクじゃないですか。

ECHU(PPSコン)のパラがよい。次元がワープする。

セラコンを排除したALL PPSコンの音を聴いてみたい。

2013年4月23日 (火)

続 ADD POW 試聴

SEPに変更して試聴。?あらっ???SEP(SVP)の癖が表にすごく出ますね。

もしかしてSEPの異容量パラはNGなのかも?もう少しエージングしてみましょう。

発振しなければADD-ON基板のあのコンデンサーは無い方がよいかも?とか。妄想。

と言うか、単純にSMDピッチ変換基板の方が弄るには楽かもです。とか妄想。

それに周辺部品が変わらないし、石自体の音質の違いもよくわかる。のでは?とか。

超低ノイズが音によいとは?低ノイズ化するための回路が音によい結果を生むのではとか妄想。9μVのノイズであっても配線のインピーダンスがあるから電源が振られればどうなるの?とか?

ぶつ。ぶつ。・・・

2013年4月21日 (日)

ADD POW 1.2V試聴

もぉうー。皆さん、早くこれに換装することを激しくお勧めします。自信をもってお勧めします。

意識が誘われて引き込まれて連れていかれて、なんといいましょうか。

まさにそこで演奏している、時空とでもいうのでしょうか。

ぜえ~んぶ、次元がワープします。

まだ情報はあったのだ。。。

これ元44.1KHZの16bitのCDなのですか。

追伸:通電しっぱなしで夜中に試聴してみました。

夜中はノイズ環境が改善されるので透明度が増して空間再現がより向上するように感じてます。

ダレてきますね。お疲れさま(笑

休ませてから試聴してみましょう。

と、いうよりOSコンをOSコンSVPにしなっくっちゃ。

帰りにでも捕獲してこよう。

いちおうぴんぼけ画像↓

Dscf0596

2013年4月20日 (土)

ADD POW 1.2V基板

ヒロさんところの超ローノイズ1.2V電源基板が届いたので組み立てた。

これで全部ローノイズ版のレギュレータに変わった。

Cpはランドに載せられる手持ちのECHU223を使った。

出力コンはOSコンSVPが見当たらないので昔の?OSコン47μFを実装。

これ100hくらいエージングしないと音が安定しない。

面倒なので最近はSVPを使っている。これなら数時間で安定した音が出るように思う。

出力電圧と発振していないことを確認してADD-ONしよう。

ちょこっと弄って良くなるのは自作ならでは、ですね。

2013年4月 6日 (土)

きょうわ試すぞDSDで遊んでみよう

なんじゃかんだで、寝れていない状況で。

春の嵐らしので家で半田コテで遊んでみよう。

遊んでみました。

C2320のカレントミラーを組んで電流増幅を行い出力を増やそうというこんたんで(笑

結果はイケルようなのですがデルタシグマ変調ノイズ?というのでしょうか?

サーーーノイズが気になって。。。

遊べたのですが、ボツ。(笑

これ以上やってもナニなので原理基板を組むのがよいですね。

そんで、元に戻して(9018SにDSDで入力してLH0032のIV-DSC)CDを聴いて感激!!!

メチャ音がよい。元がCDとは思えない。

P2D基板は極超お勧めです。

そんでメールを見るとPROSTさんからクロック基板のCADが届いてました。

おおおっ!いい感じ。