« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

光1G

100Mが最近遅くなって、と思っていたところに、タイミングよく?コース変更の℡が(笑

値段も殆ど変わらないので1Gに変更した。

快適です。

プロバイダーのスピード測定サイトでケーブル接続で450Mとか500Mと出ますね。

調子の良い時はもっと。

2013年11月25日 (月)

ローコストBDPの高音質化

過去話題のなんとかムンドのを見ると、どう見てもあのトロイダルトランスはACのアイソトランスに見える。やってみる価値はありそう。

それとS/PDIFはTOSリンクの電源をTPSにして問題のLを取ってFBにすれば光の方がよいのではなか?これもやってみよう。

 

 

 

2013年11月19日 (火)

じゃんく増殖。。。

年末が近いと言うのに銘機?と言われているじゃんくを保護。置く場所が。。。

内部を見るだけでも目の保養になります。勉強になります。

いま作ると、いったいいくら、かかるのでしょうか。

オーディオ機器は30数年前にすでに完成しています。 です。

デジタル部はともかく、現在のは退化しているように見えます。

2013年11月13日 (水)

ローコストBDP試聴

乗せ替えの前にS/PDIF出力をP2Dに接続して試聴してみた。某DVD-Pと同じように。

こりゃナニです。わっはっは。。。の、はあーーー?

しかし、なぜこんなに変わるのですか?唖然。

トラポが腐っていると、いくらP2Dをもってしても。。。と言うことでしょうか。

ためしにACの極性を確認。逆だった。

再度試聴。

マシ。ちょっとマシ。空間が出現した。

でもダメ。ぜんぜん臭くない。らしくない。アタックがでたらめ。ハートが伝わらない。

なんか、タダうるさいだけ。ちゃらちゃら鳴って。

あの音は音楽はどこにいったの?

こりゃ、この状態でも、もうちょっとマシな音楽が鳴らないと、乗せ替えしてもダメかも。。。

じんそんさんのDSIXを高速化して入れてみようかな?

ローコストなブツはPCの光学ドライブみたいにエミフォロを抵抗分割で出力しているだろうから、パルストランスなんて付いてないだろう。

 

2013年11月11日 (月)

部品

新潟-5用のOSコンを捕獲。ぜんぶ同じ100μFを使う。異容量パラは懲りたので(笑

皮むきが面倒なのでSMDの高分子?のOSコン10本切り0.3Kを使うことにした。

3端子RegはPROSTさんの3端子なTPSを使います。

ところで、なんか利久さんもナニなんでしょうかね?時代の流れでSMDですか。。。

真鍮なスケルトンの二股?テーブルタップが0.1Kであったので捕獲。

Y式もどきのACフィルターを組みこもうかな。とか。

Gr色LED基板(ドロッパー抵抗器+基板付)が10個0.1K。コイツは便利そうですね。

電圧を加えればOKですから。

カップリングブロックに、この基板を取り付けて光ファイバーでフロントパネルまで

持って行くとメーカーと勝負できるカッコいいインジケータになります。

2013年11月 6日 (水)

続 乗せ替え

メイン基板を当ててみた。

なんか設計したかのように収まりそう。

ジャック類は基板から取り外してケーブルで延長しないといけない。

面実装のHDMIコネクターはかさが低いので、そのまま使えそう。

PROSTさんのHDMI-CN基板が活躍しそう。ラッキー

あとは背の高いLAN-CNとかピンジャックはSMDじゃないのでケーブルを基板に直付けして延長すればよい。USB-CN基板はそのまんま、いただきですね。

ドナーのリアパネルはHDMI-CNとかの穴あけゲージに使えそう。

スペースにP2D基板とヒロさんのQ-1242Aとか、やなさんのDSD原理基板とか。

あとしらべなないといけないのが操作キーMTX。

たぶんキースキャンはしていない?A/D変換でテータ化かな?

ほとんどの操作はリモコンなので、調べるのも楽そう。

回路図が入手できればジッタクリーナも入れたい。

 

 

2013年11月 5日 (火)

乗せ替え

SONYのローコストBDPが届いたので分解。

へぇー。すごっ。ですね。こんなのが中古で〇千円ですか。

弄り壊してもぜんぜんいいですね(笑

まず、ドライブ。寸法的にはクリヤーしそう。なんせ薄いから換装するのも楽そう。

コンパクトな基板はメイン基板と表示・キーボー基板と電源と言う感じで上手い具合に別れています。USBはミニ基板で別になってますね。

Asyごとに交換できる設計のようですね。これなら修理に技術と時間がいらない。さすが。〇ニータイマー対策もバッチシ(笑

ドライブの下にメイン基板をひっくり返して実装すればシャーシへ放熱できる。

メイン基板がシャーシに収まれば出来たのと同じ。

ハイエンド?の重量級アルミダイキャストシャーシにローコストBDPを移植すると

音ががどう変わるか!さらにジッタクリナーを組み込んでー、とか。

かなり面白くなってきましたよ。

移植できそうだったら音の変化の比較用にもう1台保護しておいてもよいかも。

 

電灯

倉庫の照明-コンセントを使えるように電気工事を行いました。

分電盤はすでにあるので、そこに幹線をつなぎ込みます。

材料はず~っと前に買ってあったのですが、工事する時間が無い。

仕事を放置して工事に専念といっても時間が無い。午前と午後で3時間しか取れません。

できたのは18時前。

絶縁抵抗を測定してブレーカーON。明るいわ。でんきのありがたさ(笑

2013年11月 2日 (土)

新潟DAC

到着。無事保護できました。やれやれ。

 

 

2013年11月 1日 (金)

続-試聴

間違いなくよい。

以前なんとかムンド社がP社のローコストDVD-Pを流用してとかがあったけど。

と言うことは、今ならローコストのBD-Pを重量級DVD-P組み込んでとか。かなりオモシロそう。

クロックにジッタクリーナーを入れれば鬼に、こんぼうとか(笑

ローコストのBD-Pを入手して分解してみようーっと。