« 2016年2月 | メイン | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月30日 (水)

接点と電解コン

しばらく通電していない機器で音楽を聴いた。

なぁ~~んか音が悪い。

オーディオ信号が通過するスイッチを弄る。

おっ。空間が出てきた。アタックもよく出るようになった。

しばらくエージングしておこう。1h後くらいに再試聴。聴ける音になった。

できるだけ接点通過しない、できるだけ電解コンを使わないコントロールアンプがほしくなった。

平滑コンは仕方ないかな?でもバッテリーならデカイ容量の平滑コンはいらないだろう。

増幅器のデカップリングもLED電源ならデカイ電解はいらないだろう。

VRはどうする?電子VRの音はどうなんだろう?後に続くOPアンプ回路が気になる。

電動リモコンVRでDACの方でやればよいのかも。

なんとかしないといけないなあー。

バシを歩いているとICONIAのタブレットが9999えんで出ていた。

中古だけど液晶に保護シールが貼ってあったとかで凄くきれい。

ケースも付いている。それも凄くきれい。

検索してみたけど同じ型番のものが見当たらない。なんなんだろう???

Win7が入っているしSSDだし。10インチあるし、WiFi接続できるし、オーディオPCのリモコン用にいいのでは?ということで捕獲してしまった。

ちなみに安いのはPC関係で、古いオーディオ機器は高くなったような。

なんで?半年前なら。。。のモノが。〇階を歩いてもしょーむないモノしか残っていない。

ハッピーリタイア組からの需用があるのだろうか?

と言うか、最近のモノは音が悪いのかも。

でもねぇー。古い接点に古い電解コンの。。。問題は?

古いモノは整流器が普通整流ダイオードとかFRDなのがよいのかも?と思ったり(笑

2016年3月27日 (日)

LM3886DCアンプ

部品鳥から部品を取り出し、組み込み予定のケース(某のWP602だったか?)

の底板に並べてみた。

勘があたり、なんとか納まりそう。

P1000227 

このアンプはリビング用のミニコンポにする予定。デザインを揃えたいので

次はこのケースでオーディオ用PCを組む予定。マザーなどのブツは殆ど捕獲してある。

安くなってきたSSDを2基搭載して光学ドライブは使わない。回転系を排除でんな。

それに光学ドライブの穴あけをしなくてよいから、ケース加工が楽になる。

電流を食わないから電源に余裕が出来て音に有利な筈。

ノート用のデバイスセットを採用したマザーなので19VのACアダプターだけで動く。

リモコンとモニターは7インチくらいのリモートディスクトップでなんとかなるような。

よい音が出そうな予感。

2016年3月24日 (木)

部品鳥

部品鳥が届いた。雨にあった品のもうようー。

超薄いトロイダル44V(22-0-22)、85VAが2個 8200μが4個が付いている。

これが目当てだったのです。LM3886DCアンプに使えるかな。

組み込み予定の箱に入るかも?箱を組み立ててみよう。

22V巻線を使って正負独立トランス・独立整流、8200//8200で16000μFの正負。

無負荷で30Vくらいの予定。

なんとか平滑コンの前にファインメットコモンモードチョークを組み込めないかな?

これだけあれば、そこそこ鳴ってくれるでしょう。

2016年3月19日 (土)

パワー石

よく見ると、秋月で@100円!

サンケンC2837/A1186とか。    ftが80Mもありますよ。激安ですね。

サンケンの音は寝ぼけた音じゃないのでよいですね。

メタCANにしてくれないかな(笑

2016年3月16日 (水)

部品鳥

オモシロイブツを発見した。捕獲してみたい。

熱くなってはいかんです。

ひとつは製作途中のLM3886ΣドライブDCアンプ用の部品鳥

これでほとんど出来たような感じ。

あと保護をどないするか?簡単にDC漏れたらリレーでSP切り離しでよいか。。。

Σドライブで運用したとき、発振するかも?が怖い。

高周波を検出してUHC-MOSでDC電源カットがよいかも?

SP端子は某で激安のもの。これ、よいと思う。無垢で太いケーブルも入るし。

なんたって@100 付属のラグは使わない。というか使っちゃダメ。

届いた。電源のヒューズは飛んでいない。基板に焼けている跡も無い。ハンダクラックも見当たらない。パワトラは生きている可能性が高い。やれ・やれ一安心。

TYOの某にV-なんちゃらが出てますね。他社にも。はたして本物かどうかがわからない。

画像を見ると、どちらも、どちら、なんですよね。。。

2016年3月13日 (日)

いよいよ。。。

〇△申告の締め切りが間近。マジかぁ。

@100のは捨てて。。。っと。で。かなり見えてきたので。と気が緩む。

Webで調べていると、つい。つい。。。部品探しに走って(爆

しゅうちゅうー。集中。。。

毎年、ハマッテ、今年もハマッテ、なんか記憶があるのだけれど。。。でも2時間悩み、無事終了。

やれやれ。あとは提出するだけ。

心配していた部分もちゃんと自動で出来ている。さすが。

良く出来たソフト(弥生)なのに副作用の出る操作を実行しようとしたら、警告を出すようにしてくれないものか。自分でメモっておけって。

2016年3月12日 (土)

FET

運良くパイMOSは入手できた。

他のオーディオ用MOS-FETも試そうかと探す。

あれまぁ。出遅れですな。なにも無い(笑

作る時代はとっくに過ぎていたのかも。。。

2016年3月 9日 (水)

パイMOS

某オクでトー〇さんらしきところで@700円で出ているようだ。これ、当時の価格くらいかと。

Vgsの選別をしてペア取りをした方がよい。

3パラなので12個+12個で、数は倍見てるけれどペアが取れる保証は無い。

ズレをどこまで我慢できるか?だけど。

あちゃ~。放熱器と石代でA-S301が買えちゃう。

ここまでの費用は役40K。電源はあるので、あとはそんなに出費はないだろう。

音は。いやいや。きっと・・・

2016年3月 8日 (火)

放熱器

0dBバッファーを作ろうかと、バシを散策。

どうなんだろう?某で分厚い放熱器を確保。@2K円はびみょう~。。。

電源はKA-1000PSがたんと?あるのでそれをKAIして使おう。

イメージ的にはKA-1000PSと並べた放熱器って感じ。

もちろんSPの横に置くのでモノ(L、R独立)

石は昔ならお安く、どこにでもあったパイMOS。3パラくらいにはしたい。

UHC-MOSでもよいけど熱暴走が心配なので。

って、結局、窪田式0dBじゃないですか。