« 2016年9月 | メイン | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月31日 (月)

鉄骨ガレージデッキ 幕板取付け 続き・・・

朝からアルバイトくんと続きをやる。

左側面の、どうやって取り付けるの?と心配していた支柱もアルバイトくんが

頑張ってくれたおかげで上手く取り付けできた。

そして左側面の幕板パネルを取り付けることに。

建物との隙間が15センチ程度しかないところに幕板を実装しないといけない。

落とし込み方式、大成功!

アルバイトくんが頑張ってツラを出してくれたおかげで一発で作った支柱の

幕板受けに入った。

我ながら、スバラシイ!。やったぜっ!と。

最近は日が暮れるのが早い。5時で作業を終う。くらがりでやっても、ろくなことが無いし。

次の作業日のために足りないパネルを発注しておいた。

2016年10月29日 (土)

20年ぶり

おいっ。生きてるかとかの連絡は取っていたけど

20年ぶりの再会グランドミーティング。そして、お仕事を手伝ってもらった。

かなり時間をとったつもりだったが、予定より10分前にようやく完了。

その後、昼食。話が弾む。うっ?昼からビール飲むの?私、飲まないので。

いやらしい、天下り?のおっさんはすぐに辞めたそうだ。

そうでしょ。そうでしょ。

頼りになるのは人の心。ハート。一番怖いのは人の心。ハート。

残った皆さん偉くなって。うれしいっ!

でもお互い体には気をつけないとね。出世して即、アウトの子も。。。

家に戻り、休憩。

某物件を下見。

こりゃ、いかんわ。怖っ。今事故になって何ら不思議ではない。

お断りすることに。

このような物件は、まだまだ存在するのでしょうね。

偶然で持ってるのでしょうね。

しかも繁華街のど真ん中。新聞沙汰になりまっせ(爆発

地雷と判っていて踏むことは誰もしないでしょう。

ごめんなさあ~い。

2016年10月27日 (木)

C1253

づかさんのサイトで紹介されているC1253を安く入手できた。

試聴してみよう。ピンアサインはEBCなのでBとCをクロス。

送信機にもよいかも?

試聴曲はセカオワの♪ 炎と森のカーニバル FUKASEくんの詞・曲。

さすが、メタCAN!

秋の晴れ渡った空のようにどこまでも抜けてゆく。スバラシイ!

情報量は、全部出る。出るべき時に出ない、は無い。

NEC石の特徴は持っているがよい方向に出る。いやらしく無い。

C310くんがまっさおになってますよ。

アタックの再現性がよいから、ハートが伝わる。うるるん寸前。

この石はお勧めできますね!@250えん。やっす。

今日は朝から太陽光発電所の竣工試験。無事完了。一安心。

時間が取れるので某エラーの事業場を訪問。

案の定、プラグの接続を間違ってS相を接地極に接続してあった。

あふぉかぁ(怒)とはよう言わん、けど(笑

素人工事はダメ。駄目。だめですよ。

2016年10月24日 (月)

鉄骨ガレージデッキ 幕板取付け 続き・・

朝からアルバイトくんと側面支柱の取り付け穴位置の加工と右面の支柱取り付けを行った。

上手く行くか気になるので幕板パネルを乗せてみた。

いい感じ。

アルミにして大正解!軽い。

パネルなので落とし込みで設置できる。スペースの無い箇所でも設置OK。

思いの通りの出来なので正式に幕板パネルを設置してしまおう、ということになって

タッピングビスで留めようとしたところ、硬いのを無理にネジ込むと、ビスが折れた。

えらいこっちゃ。。。よく見ると3.5ミリのビスに2.6ミリでは下穴が小さすぎ。

風も出てきたし煽れて危険。パネルを一旦ベランダに退避させて今日はここまで。

あせらず楽しみましょう(笑

P1000254

2016年10月22日 (土)

鉄骨ガレージデッキ 幕板取付け 続き・

アルバイトくんと作った支柱を取り付けアングルに付けてみる。

前面は水平なので問題なさそう。

側面は水勾配を付けてあるで、支柱をその分、順番に高さをシフトして下げて行かないと

幕板が水平にならない。

電子水盛りとやら?を使ってみる。ブザー音がぴっぴっの断続音が、連続音になった高さが

水平なポイントだそうだ。

非常にクリチカルな点で連続音になる。ゆっくり操作しないとわからない。

支柱にマーカーを打って穴あけポイントとする。

やはり、レーザーを使うのが楽そう。で正確そう。

冶具の製作や買出しで、朝からやって、ここまでで15時くらいまで掛かっている。

雨が降り出したが、すでにポリカ板を貼ってあるので、下は雨が降っても大丈夫。

3本ほど穴あけ加工をして今日はおしまい。雨でポリカの上での作業はすべるので

危険につき続きは明日。

しかし、めちゃくちゃコスパの悪いお仕事ぶり(笑

半分趣味だからいいのだけれど。亀さんの歩みで進んでいます。

P1000255

2016年10月21日 (金)

5670の続き

フランスのなんちゃら?の5670が届いたのでエージングしてあった。

もうそろそろOKでは?と思い試聴。

うちの環境ではダメ。情報量がぜんぜん。アタックも何も。

レイセオンの5670が圧倒的に情報量が多い。試した中ではやはりこれが最高。

プレート電圧はたった12Vなのに。さすがに十分暖まるまでは歪み感はあるけど。

2016年10月19日 (水)

RET

RETを激安捕獲。

こんなのどこにあったのだろう?まさかフェイク?

懸案の0dBバッファーによいかも。

簡単にはジャンクパワーアンプのガワの活用

洗浄すればきれいなる。たぶん。

なんぜ面倒なシャーシ加工が不要。

おまけに立派な電源トランスも放熱器も付いている。

電解コンは交換した方がよいかも。

妄想はレイセオン5670/PPPのバッファー

普通使いは直のヘッドフォン。

OPTを巻いてもらって別巻線を設けて0dBバッファーをドライブ。SPを鳴らす。

2016年10月18日 (火)

よなべ仕事

なんでもかんでも黙って増やしちゃ、困っちゃうのです。

ええかげんな工事屋にやらせるもんだから。

ということで、データロガーで現状把握から。

今から冶具の製作を。

明日必要なので、夜なべ仕事かな。

ラスパイ1543DACの球

試聴した中で一番、情報量の多いレイセオンの5670(新品)に決定。

残念ながら新たに入手できないような。PPPからの借用品なので。。。

どうしたものか?と。

幸いある方のご好意で新たに入手できることに。ありがとうございました!!!

これで大きく音に影響するパーツは決まった。

これでラズパイ1543を組むことする。

2016年10月15日 (土)

S43年製の5670

気になっていたところを訪問して、再測定。 問題無かったので一安心。でもそうと測定された原因はナニなんだろう。変。

帰りにバシへ。 某真空管専門店でWE***は無いか?と。無い。当然そうでしょうね。

無線ジャンク?屋で東芝の5670を見つけた。通測品のもよう。新品なのか?中古なのか? 店のオヤジが言うには新品らしい。

オモシロそうなので捕獲。

明日は仕事があるので準備をしないといけない。でも気になって試聴。

えぇぇぇ。。。ウソでしょっ。 ナニ、これ? 真空管まで東芝の石の音がしてまっせ。

ぜったい偶然だ。と思いたい。そうじゃないと恐ろしい。

エージングで変わるかも知れないけど、質そのもは変わらないようにも思う。