« 2016年9月 | メイン | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月14日 (金)

レイセオンの5670

そろそろエージングも完了のよう。

凄いわ。

NOS-DACと電源石PANAのA1487+C2634-S、バッファ管レイセオンの5670の威力!

情感再現力ではES9018のLOWESTの上を行ってると思う。

もし、あるとすれば極超LOWEST!!!

滲みがまったくない。アタックが波動砲のように伝わる。凄い!うるるん。。。

1本10k円以上するWEなんちゃら、で聴いてみたい気もする。

まず1k円ちょっとで出てるフランス空軍規格のなんちゃら、を聴いてみようかな?

無駄なような気もするけど。

それから、不思議でしょうがないのは

オーディオ出力にコモンモードチョークを入れていない作例が殆どであること。

S商さんに2種類あるので、ぜひお試しあれ!

型番は?、なんだったけ?忘れました。後で調べてUPします。

高級オーディオ?のたたずまいが出ますよ(笑

BU08RS11 太陽誘電

ST-202S トーキン

2016年10月13日 (木)

panaのロゴマーク

C2634-Sでパナソニックのロゴマーク(三菱みたいなマークですね)有りと無しを比較試聴してあります。

ロゴマークアリは某Dで入手。ロゴマークアリがよいので、あわてて買いに走りました(笑

ロゴマーク無しは意図せず、C2634-Sを2社の商社から取ったのですが、両者ともロゴマーク無しでした。

足の材質か?メッキの関係か?エポキシの材質の関係化か?電気的特性の違いか?

アンプ系が安定してから試聴すると、明らかにロゴマーク有りに1票でした。

オーディオは謎ですね。

びみょうー。。。

レイセオンの5670のエージング。どれくらいかかるのでしょうかね?

これに決めようかと。

うるるん。の連続です。

仕事せんといかんのに。

じんそんさんがラズパイ1543のコルグ6P1を使った基板のテスターを募集とのこと。

私はすぐに取り掛かれないので、諦める。残念。

2016年10月12日 (水)

5670 試聴

①レイセオン 新品 よい◎

②レイセオン 中古 ブラックプレート(BP) だめ。音痴に聴こえる。情報量欠落。

こんなところでは主役じゃない。

③NEC 中古 ダメ。情報量欠落

④GE 新品 オク?(BP) イマイチ。

⑤GE 新品 バシ (BP)良い。オケ。☆GEでも違うんだね。

⑥RCA 新品 バシ(BP) どうなんだろう。ボーカル専用。

どうやら、中古はクセが着いていて、ダメのような気がする。エミ減かな?

①と⑤のどちらかを使う。

エージングが進むと変わるかも?

②を期待したんだけど、ひどいもんで(笑

2016年10月10日 (月)

鉄骨ガレージデッキ 幕板取付 続き

強風につき、支柱に穴あけをしておしまい。

幕板があおられて危険につき、取り付けは日を改めて。

残念。

2016年10月 9日 (日)

他5670

昨日も今日も仕事。明日はガレージデッキの続きをやる。

帰りにバシで食事をしようかと駐車場を探すが、満車。

なんかわかんないけど路駐のバスだらけ。人だらけ。いったい、どんないなってまんねん。

どうやら、海外からのご一行のもようー。えらい時代になったもんだ。

赤信号になってるのに、皆で渡ると怖くない状態ですよ。

なつかしい〇〇タリアンより恐ろしい。

お願いだから絶対に某Dには来ないでほしい。

帰って落ち着いてから

日本製の5670を試聴。

レイセオンに比べると情報量が欠落しますね。エージングでもっと良くなるのかも?(かな?)

サブミニ6111WAを試した方が早いのかも?

2016年10月 7日 (金)

エキサイター

レイセオンの5670P-Pで石のゼロdBバッファーを押せればオモシロイのができるかも?とか

妄想していた。うちでは出力は最低50W必要。

2016年10月 6日 (木)

真空管

1543球バッファーの球をロシア球からレイセオンの5670に替えてみた。

昔PPPで配布されたモノ。

これは凄まじい情報量ですね。A1487とC2634にしたから判ったことだと思う。

うるるん。鳥肌の連続です。凄いわ。

これも今となっては無いのでしょうね。あればほしい。

ロシア球で十分とか思っていたけど大きな間違いでした。

A1487とC2634使いでロシア球ではボトルネックになっちゃいますね。

ロシア球も好きですが、これを聴いてしまうと。。。ダメ。ごめんなさい。

バシの東京***で某球が8k円とか、言われたけど石と同じで違うのでしょうね。たぶん。

買った記憶は無いけれど箱を見るとGEの5670のブラックプレートらしきモノが

あったのでエージング中。ぱっと聴き、太い音が出ていたような。

2016年10月 5日 (水)

雨~台風

不安定な天気で困っちゃう。

仕方ないのでディスクワーク。ありゃ?晴れてきた。

念のため屋根のある現場へ行くことに。

間欠なトラブル(漏電)を探査。原因の機械が判った。でも変。

機械へ電源を供給しているケーブルでは漏れは無い。

コンセント側でS相と接地極を間違ってるような?プラグ側は目視では合っている。

誰が工事したのかな?なんせ工業系会社の現場は素人工事が多くて困ります。

過去一番笑ったのはテープ巻きを分解したら、L、N、接地を絶縁せずに上からテープ巻き

してあった。運よく火災にならず良かった。

顧客:工事屋でわかるかな?

僕:これをやった制御屋は?

顧客:機械が古くて無いわ。

僕:じゃーわかんないでしょうね。街の工事屋もS相と接地極をよく間違います。

そんで、冶具無しでは欠相チェッカーも掛けれない状態なので、日を改めて追求することに。

2016年10月 4日 (火)

やっと

昨日もう1社からやっと石が届いた。

ダメぽ。。。

バシへ走って、ちと高いけど保護。

アルバイトくんから、某日は一人辞めたので応援できるか怪しいと。。。トホホ。

誰か居ないかな?と旧友に電話。よっしゃ、ワシが手伝ってやる、とのこと、助かった。

若かりし頃、仕事帰りに良く寄ったお好み屋の話で盛り上がる。

あの頃、なんか知らないけど、某会社ではお好み焼きを食べるのが流行っていた(謎

2016年10月 2日 (日)

鉄骨ガレージデッキ 幕板取付 続き 

アルミ角パイプとアングルで幕板取り付けBKT(ブラケット)を作っている。

リベットはオールステン製を購入したけど、硬すぎ。カシメるときの力もすごく必要。

カシメる相手がアルミでやわらかいので穴が広がってNG。

下穴は下限の大きさにしないと失敗する。

センターピンを引きちぎれない時がある。

仕方ないので鉄―アルミのリベットでカシメた。

やっと取り付けBKTが形になってきた。

17本の支柱を作るのに3日掛かった。

次は鉄骨ガレージの側面に溶接した穴あきアングルに支柱を取り付けて

幕板(アルミフェンス)を取り付ける。

その前にデッキは水勾配を付けているので、幕板が水平になるように

支柱の取付穴で調整する。

前面は水平なので問題ないけど側面をどのようにして位置決めをしようかな?

レーザーを使ってみようか?何年も前に親父が買ったものなので動くかどうか?怪しい。

10月はものすごく忙しいので、いつになることやら。。。