« 2016年11月 | メイン | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月30日 (金)

nutube

DCアンプ化できないかな?とか妄想。AOCは必須でしょうね。

webに転がっている回路図を見てると、どれもこれも好きになれないような?

なんが?って。まず電解コンの鬼だから。電解コンも含めたエフェクターかな?

情報量が欠落しまくると思うのですが。。。

最近の電解はよいとか言うけど、そうは思えないです。仕方無しに平滑コンに使いますが。

なんぼ電解液を弄って誤魔化しても。

それと、なんでバッファがOPアンプなの?これはなんとかなるか。

まぁー好音質で音楽のハートで感動できるなら、なんだっていいのですが。。。

しかし、まるで50年前の初期の最悪の石アンプの回路。でも皆さん、これはよい、よいとの言葉。ま。聴いてみる必要がありますね。

普通なら、球なんだから、入力インピーダンスが高いから小容量で良質なフィルムコンでカップリングできる。が、球アンプの大きな音質がよい理由と思うし、3次歪みとか奇数次高調波が心地よい。も、好音質な理由だと思うのですが。。。どう~もそうじゃない。nutubeなんだな。

DCアンプのK先生はご登場してくれないのでしょうか?

2016年12月28日 (水)

氷が

くそ寒い。ガレージデッキのポリカ板にたまった雨水が凍っていた。

ということはゼロ℃になったということでしょうね。

OSKはゼロ℃になったん?

2016年12月27日 (火)

フィルターを弄る

なんか引っかかるところがあるので、思い切って巻き数を減らした。

4.5T ダンピング抵抗値は240Ω 気合がよく伝わるようになった。

いつも整流器のFRDには2200PF程度をパラうのだが、付いていないことが判明。

ついでに付けておいた。SBDとFRDのよいところを合わせたような音になる。

2h程度試聴していたが、エージングが進んだのか重低音もよく出るようになった。

2016年12月26日 (月)

仕事納め

今日は来年のお仕事のための資料を配布して今年のお仕事はおしまい。

やれやれ、と思っていたら来年は29日から暫く毎週日曜日が仕事になった。

ついでに土曜日もなのです。困ったもんだ。またまたオーディオはお預けになるのか?

ありがたや×2。。。どないしましょ。くそ寒い時に。やりたくねぇー。でも丸いものが無いと。

とりあえずアルバイトくんにお声がけをしておいた。でもアルバイトくんも忙しいとのこと。

どないしょ。困った×2 設備投資だから、やはり世間は景気が上がってきているのかなぁ~。。。

こちらはひとっつも単価UPはありまへん、なのですが。忙しいのが景気よいということでしょうかねぇ~?

Dの電動VRに合う基板を発見した。早速購入。

Kの新装開店時に出ていた*PICリモコンに合いそうなPIC基板を発見した。早速購入。(*ビクターのリモコンとプログラム済みPICがセットになったもの。)

なんか調子いいぞ(笑

穴あき基板で作るのは大変なのです。

2016年12月25日 (日)

ガレージデッキ 

ポリカ板の残り1ラインのコーキングを完了。

ベランダの下に入っている部分はコーキングガンが入らない。

仕方ないので水道ホースを加工してそれでノズルを延長しコーキングを行った。

なんとか出来た。けっこう力が必要で手が痛い。途中でコーキングガンの力が

入るタイプを買いに走った。道具のローコストタイプは、やはりいかんです(笑

残りは周囲のコーキング。手が痛いのでアルバイトくんに応援してもらおう。

暗くなってきたので作業を止める。

DCフィルターにPPSの224を追加してみた。

イマイチ。よくならない。無い方がよい。もしかして黒いPPSがダメ?まさか?

外観上は単にマイラー(音悪い)をPPSに変えただけ?に見える。

ザイリングス?だったかのPPSに換えてみようかな?丸巻きで見るからに音が良さそう。

もっと追求するなら、巻線をほどいてLを変えないとダメなのかも知れない。。。

2016年12月23日 (金)

ガレージデッキ 幕板取付け

まだやってるのです(笑

あと正面部分を取り付ければ、幕板は完成。

次はフェンスの取り付けだけど、色が気に入らないので、塗装のやり直しが必要。

寒くなったので、塗装が上手く出来るかどうか?春まで放置になるかも(笑

今日はアルバイトくんが来てくれた。

ちと、気になるところがあって1本支柱を作り直し。

雨水落としの水きりバリアを作成して、支柱を交換して両サイドの幕板を取り付けた。

ここで17時。

暗くなったので作業終了。

強風の時、重力だけでは雨水がうまく雨樋に落下しないようで、デッキの根太の方へ

伝うようだ。実害は無いのだが、根太から水が落ちるので気になる。

雨水落としの上に不等辺Lアングルを取り付け、水切りバリアにした。

たぶん、これで強風でも大丈夫だろう。

2016年12月21日 (水)

ヘッドフォンアンプ兼ラインアンプ用FET電源

a*****のFET電源を捕獲してみた。

予想通り、窪田式。

あとJ76/K213のヘッドフォンアンプ基板も捕獲してみた。ざっと解析。ほぼ窪田式のような感じ。

CRはお気に入りのパーツに交換しないとナニです。REY、PPS、薄膜フィルムなどに交換。

パスTrは日立のJ76/K213なのでそのまま使う。モノはなんか怪しいけど。セカンドソースかも知れない。

差動誤差アンプは付属石はT芝なので、音の良いDで安売りのコンプリ、サンヨーの石に交換しよう。(A1318/C3331)

基準電圧源はZD3.6VからLEDに交換。VFは3V程度のもの。

整流器はFRDに交換。日本インターの31DF

トランスはDで捕獲しておいた薄型カットコアのAC19-0-19V 1.25A

残念ながら0-19Vの2巻線ではない。

ケースはDのWP602 VRは落とし込みにしたいので追加工に出すかも。

フットはピンポイントのコーリアン樹脂製に交換。

VRはリモコンで、Dの電動VRの50KΩを使う。

リモコンで入力をリレー切替。ミューティング連動が必要かも。

リモコンキットはKの3年ほど前だったかのPICを使った開店記念品があるのでそれを使う。

バーチャルバッテリー電源を使ってNutubeを使った球アンプ入力を設けてもオモシロイかも?B電源電圧が低くても動作するので楽でよいかも。

バッファはLH0033

主要部品は殆ど手持ちがある。

8500が組みあがったら、これをやろう。

2016年12月19日 (月)

作例

dc.xlsをダウンロード

Rは180Ω Cは2200μF で試聴しています。

定数はカットアンドトライでお楽しみください。

ちなみに、コンデンサー側が出力です。

まさか、そんなことをする人は居ない、と思いますがコレはDCライン用です。

ACに入れると爆発しますよ。爆発、火災、が起きて失明、ケガ等の大事故になっても当方は責任持てません。

すべて自己責任でやってください。

2016年12月18日 (日)

すさまじい情報量 ファインメット

気合、ハート、情熱、アタックが加速器を通したかのような、演奏家の気?を感じる。

凄いです。まさしくファインメット効果だと思う。

あるとすれば、ESの極超LOWEST設定の音。

現在180Ωで試聴中。REYの確か1/2W。これでよいかも。

抵抗器の音が聴こえるので、PRPを試した方がよいかも?

聴いていると抜け出せないので、えいやっとスイッチを切った。

今日はよい天気であたたかい。

ガレージデッキの続きをやらなくては。コーキングも2ラインやっただけ。

あと3ライン+周囲が残っている。

アルバイトくんは、なんだかんだと、発熱とか急な用事で、予定が大幅に遅れている。

2016年12月17日 (土)

秋月のファインメット

秋月のファインメットコモンモードチョーク

整流後のDCに入れてみた。凄いわ。。。オーバーシュートに微分波形の音。

このままでは使えない。ハイ上がりがすさまじい。まさしく聴覚破壊のすご技。

電源フィルターの時のFMB3個の時の音に似ている。

Rでダンプするか巻線をほどいてインダクタンスを小さくしてみよう。

てっとり早くRでダンプしてみよう。

以前販売されたファインメットのときは9018DACに入れてエネルギーが波動砲のように伝わったのだが。。。

で、ROの240Ωでダンプしてみた。

大当たり!!!

まともになった。爽快感とエネルギー感が良く出る。空間再現もよい。低音も良く深く沈む。

もう少し抵抗値を下げた方がもっとよいかも。

ファンメットの効果を見たか!という感じのところがある。

200Ωくらいでもっと良くなるかも。

REYとかRNなんちゃら、の抵抗器の方がよいかも?

オーディオは電源ですね。電源次第。

3端子を1543に使って、1543は安物の代表みたいに思われてかわいそう。

3端子じゃあーダメです。

こそっと、ヘッドフォンアンプ兼ラインアンプを作ろうとしています。秘密(笑

バシへ。

180Ωで試聴中。明日100Ωまで下げてみよう。