« 電磁波吸収シート | メイン | すさまじい情報量 ファインメット »

2016年12月17日 (土)

秋月のファインメット

秋月のファインメットコモンモードチョーク

整流後のDCに入れてみた。凄いわ。。。オーバーシュートに微分波形の音。

このままでは使えない。ハイ上がりがすさまじい。まさしく聴覚破壊のすご技。

電源フィルターの時のFMB3個の時の音に似ている。

Rでダンプするか巻線をほどいてインダクタンスを小さくしてみよう。

てっとり早くRでダンプしてみよう。

以前販売されたファインメットのときは9018DACに入れてエネルギーが波動砲のように伝わったのだが。。。

で、ROの240Ωでダンプしてみた。

大当たり!!!

まともになった。爽快感とエネルギー感が良く出る。空間再現もよい。低音も良く深く沈む。

もう少し抵抗値を下げた方がもっとよいかも。

ファンメットの効果を見たか!という感じのところがある。

200Ωくらいでもっと良くなるかも。

REYとかRNなんちゃら、の抵抗器の方がよいかも?

オーディオは電源ですね。電源次第。

3端子を1543に使って、1543は安物の代表みたいに思われてかわいそう。

3端子じゃあーダメです。

こそっと、ヘッドフォンアンプ兼ラインアンプを作ろうとしています。秘密(笑

バシへ。

180Ωで試聴中。明日100Ωまで下げてみよう。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349245/34018544

秋月のファインメットを参照しているブログ:

コメント

続報お待ちしております。
個人的には巻き線をほどくのは好きではないので、最適値の抵抗ダンプで落ち着きたいです。
それにしてもDCに効果大となると、手直しする箇所が至る所にあるので
年末年始が楽しく過ごせそうです(笑

こんちわ。
私もまき直しは大変なので。
整流後、RLの直列回路で擬似チョークインプットにしているのですが、その後にファインメットコモンモードを入れてその後にミューズ緑2200μFで押さえてますが、それでもファインメットコモンモードチョークの効果は強烈で、180Ωでダンプ
してよい結果です。
33Ωとかもっと下げて試聴してみるのも楽しみかもです。

私が真っ先に行いたいことは、リッピングに使用する(PC内蔵の)DVDプレーヤーへの電源を純度?高くして、本当に残しておくべき音を極限まで高めたいのです。
模式図ですが、間違いないでしょうか? 
       __★__
5V---■---| |--F--■
---Ω---
■:端子台
Ω:抵抗
★:ファインメット
F:コンデンサ

抵抗値、コンデンサ(種類・容量)等、楽しみは尽きないようです(笑

絵文字では上手く書けないのでPROSTさんの画像をお借りして赤色で書いておきました。

ちなみに擬似チョークインプットは
Y先生の記事からです。
負荷電流が少ない100mA以下?の
場合は使えるかと思います。
平滑コンの前にR+Lをシリーズに入れます。パワーが必要な場合は
Rを削除して小さいLだけでも効果があります。ファインメットの1相分だけを入れてもよいかも知れませんね。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。