« 石 | メイン | ガレージデッキ上のフェンス取付 »

2017年3月11日 (土)

コルグのニューチューブ使用のDCアンプ

ついに K先生が発表されましたね。MJに出ていますね。

これで引っかかって、やる気が出ない問題は解決。

DCアンプBizかどこかで基板化されるだろうから、基板を待ちましょう。

まさかの手配線は無理。

なんか、MJを見ていると時代は、オーディオ電源もパルスロック電源(要はスイッチング電源)の方向へ向かっているような?

感動できればよいのです。なんだって。(電解カップリングは別)(笑

疲れたので休憩

1543真空管I-V/ラズパイ←正式名称かな。

LEDのVFを測定しないといけない。

コンデンサーはWIMAのポリプロとパナソニックのPPS、カップリングはPMLC

抵抗器はREY 石はパナソニックC2634、A1487

OSコンはSEPの予定

P1000306

SRPP

抵抗器はREY1/2W、入力の発振防止はタンタル抵抗器

DC-DCコンの発送連絡が来たので、そのうち届くだろう。

ヒーターの40VとB電源の100Vを作る。

コーリアン樹脂の見積が出た。全部で20k円弱って。。。VEをお願いした。

スライド丸鋸を買おうかな。。。でも某所に山ほどあった板が消滅寸前。困ったもんだ。

3/13 ダメですね。カット+素材で10kだって。スライド丸鋸を買って自分でカットする。

P1000307

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/349245/34047378

コルグのニューチューブ使用のDCアンプを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。