2017年3月11日 (土)

コルグのニューチューブ使用のDCアンプ

ついに K先生が発表されましたね。MJに出ていますね。

これで引っかかって、やる気が出ない問題は解決。

DCアンプBizかどこかで基板化されるだろうから、基板を待ちましょう。

まさかの手配線は無理。

なんか、MJを見ていると時代は、オーディオ電源もパルスロック電源(要はスイッチング電源)の方向へ向かっているような?

感動できればよいのです。なんだって。(電解カップリングは別)(笑

疲れたので休憩

1543真空管I-V/ラズパイ←正式名称かな。

LEDのVFを測定しないといけない。

コンデンサーはWIMAのポリプロとパナソニックのPPS、カップリングはPMLC

抵抗器はREY 石はパナソニックC2634、A1487

OSコンはSEPの予定

P1000306

SRPP

抵抗器はREY1/2W、入力の発振防止はタンタル抵抗器

DC-DCコンの発送連絡が来たので、そのうち届くだろう。

ヒーターの40VとB電源の100Vを作る。

コーリアン樹脂の見積が出た。全部で20k円弱って。。。VEをお願いした。

スライド丸鋸を買おうかな。。。でも某所に山ほどあった板が消滅寸前。困ったもんだ。

3/13 ダメですね。カット+素材で10kだって。スライド丸鋸を買って自分でカットする。

P1000307

パナな2SA1487が1543球DACのLED電源の定電流石に最高なのですが

いかんせん、モノが無い。海外調達になる。フェイクかも。オリジナルを持ってないと掴まされる可能性があるのです。

これにおなじくパナなC2634の組み合わせは自信をもってお勧めできます。

音質はどーにでもなるのですが、情報量はどうーにもならない、と思うのです。

Cは海外生産品なら入手できますが、音は良く聴くと違います。

日本製がやはり良いのです。代替品としてはOKの音です。

もちろん、組み立て中の1543球369ラズパイもこれらを使います。

弄り倒していた人としては1543球DACを感動する音で聴いてほしいのです。

1543とか言うとクソとか言われるけど(笑 そうじゃないと思うのです。

でも、石、クロックなどで、即別モノになるのです。即クソ?にもなります(笑

ウソだと思うなら、やってみるのが一番ですよ。騙されてやってみましょう(笑

ひょんなことから、同じパナで代替になりそうな石を発見したので、取り寄せて試聴してみようかと思います。

お値段もお手ごろだし。在庫あるようだし、試聴して納得できれば(感動すれば)型番を公開しようかと。

バシへ。

お試しで買ったNEC石がいけそうなので保護。コンプリは同じランクがTYOにあるし。

真空管ソケットが行方不明につき購入。どこに入れたのだろう?

DC-DCコン -2

アマゾンでワンコイン以下であった。

壊れるもよう。すごいノイズのようだ。

燃える、爆発?等、危なっかしいブツのようだ。

でも制御はICなので、部品の問題であってほしい。

とりあえず注文。届くのが遅いので〇国からの発かも?

2017年3月10日 (金)

DC-DCコンバータ

DC-DCコンバータを注文した。なんと@1Kしないです。おそるべし〇国。

メチャ小さいぞ。KAIしてしまおう。

こりゃ、昔流行ったパルスロック電源ですね(笑

アルミ弁当箱に入れてシールドしよう。出入りの線は貫通コンで切らないと

アンテナになってノイズ撒き散らしになるかも。

貫通コンの効き目は学生の頃のリニア弄りで感動モノだった。

リニアアンプに行く電源線を動かすとTVIも変わる。貫通コンを入れるとピタリ。

その後にFMコモンモードチョークとアモコアのLPFを入れる。

SRPPアンプ基板は組み立て完了。こりゃいいわ。あっと言う間に完成。

入力のCは付ける必要は無いので、Rに置き換え、パラスチック発振の防止とした。

明日はいよいよ1543球DACを組んでみよう。

Dの耐圧不明コンデンサーが音が良さそうな顔をしている。

いくらの電圧で破壊するか、試験してみよう。

直流で行うので測定器の保護が働いて爆発までは行かないと思うけど

爆発するかも?なので破片が目に入らないように、対処しないと危ない。

持ちそうだったらSRPPアンプに使う。

2017年3月 9日 (木)

土日で

作ろう。

気合入れて作るぞ!

ベースとなる人工大理石ボード黒の見積を依頼した。たぶん高そう。

黒は子供の頃の怖い〇△車みたで好かんけど、やはりベースは黒でしょ(笑

カット用にスライド丸鋸を買った方がいいかも。でも保管しておく場所が問題。

イメージ的にはSonicaDACの横に並べ、C-910コントロールアンプの上に置くイメージ。180×330

ステンカラーのアルミFBが5tの4mで5K、ベースになる黒のコーリアンボードはいくら?10Kかな?

このFBをどのようにして、コーリアンボードのベースに取り付けるか?

そりゃDの30えんショックゴムスペーサーしか無いでしょう。

上面パネルは100均の格子板。なんか凄く落ちるけど(笑

いかにSonicaDACが安いかわかる。でもこれで満足できないから仕方ない。

音はわかりまっせんが。。。

あの球を使うには電源が問題。

簡単に40VDCと100VDCを得るには

DC-DCコンバータ。12~24VのACアダプター出力で40VのヒーターとB電源の100Vを得る。

AKで安売りファインメットのコモンモードチョークとDのアモルファストロイダルチョークで

フィルターを組めば使えそうな気がする。問題無い程度までノイズを落とせるのではないだろうか?

電解コンはDのフォトフラッシュ。

めちゃ簡単でメチャ安くできそう。めちゃ音が わるいか、よいか、ふつうか(笑

音が一番問題だ。早速やってみよう。

2017年3月 8日 (水)

やっと

済んだ。明日にでも提出してこよう。

で。秋月ほかから部品が届いた。早いね!

SRPPアンプ基板も使えそう。

買い忘れがある。バシへ。

2017年3月 7日 (火)

1543真空管I-V

じんそんさんから送っていただきました。感謝!!!

オリジナルで組んでみよう。

秋月に不足部品を発注した。ついでにJ-FETも。

ルビコンのポリプロコン緑の音が気になるのでついでに。

良ければSRPPの出力カップリングコンにご採用。

あーいう用途のポリプロコンは立ち上がりのよいクリアな、いい音がするんだ。

聴いてみないと。タイツウのポリプロもよい。

P1000304iv

もう少し

今日には完成させよう。

あまり休んでいると定例業務が終わらなくなるのでは?と不安になる。

で。ちと余裕。

SonicaDACに球バッファーを入れてみようか?という企画。

ついでに1543DACの出力UPにも使えるように。

1543の電流出力をグリッドリーク抵抗器でI-V変換してSRPPでアンプする。

基本1543球DAC。

出力電圧は2VrmsほしいのでSRPPの〇国製基板を探す。

ちょうどよいキットが出ていたので注文した。もちろん怪しい添付部品は使わない。

これなら弄れるぞ。

ASRCでアップサンプリングすればNOSでは無くなるので、たぶん鮮度が落ちる。

位相特性の問題があるけど、電流LPFでアパチャー効果による高域低下をキャンセル

できないか?とか妄想。

Lはアモルファスコアに巻いてもよいかも?

穴あき基板じゃあー弄るとハンダが外れて分解してしまう。弄るのがいやになる。

電源トランスをどうするか?

Dで保護しておいた、薄型カットコアが19V×2なのでなんとかなりそう。

場所を取るのであっさり、2系統分の巻線を持ったRコアトランスを特注した方がよいかも。

それに、できればSRPPのDCアンプにしたい。H-K耐圧は大丈夫なのだろうか?調べる。

出力のCが直結できれば言うこと無し。

取り扱う電圧が高いので感電しそう。はじめから、ちゃんと箱に入れることを考える。

球アンプで、音決めにも影響しそうですし。

2017年3月 5日 (日)

めんどくさい

確定申告も山場。

領収書を整理して、いやぁ~しかし、いろいろと買ったもんだ。

商売道具だから。

おかげで測定器で困ることはない。

ぜ~んぶできちゃう。

あとほしいのは4月に出るアレ。アレがあるとケーブル診断ができるようになる。

あぶなっかしい現場がいっぱいあるし。相手が目でみえるようにするは、説得力がある。

電気は測定器が無いと見えない。よって、よい仕事をやるには測定器や工具は必須。

歳とってのPC作業はしんどい。

いよいよモニターをデカクしないと見えない(爆

でわ、もう少しやるか。

2017年3月 4日 (土)

デコポン収穫

屋上放置、鉢植え3年目にして1個収穫

けっこうデカイ!

さて、お味は?

ぶどうの鉢のボアアップをしないといけない。

しかし土を持って上がるのが大変。

電動ウインチを設置しないといけないけど、時間が無い。

「さくらんぼ」はデカクなりすぎたので鉢を大きくして枝と根を剪定して小さくした。

切断面は処理剤を塗っておいたけど枯れるかも?

根切り虫が10匹程度冬眠してやがった。鉢の中の根は食われて丸坊主。

鉢底から地面に延びた根で生きていたもよう。

シンボルツリーを「さくらんぼ」は鑑賞期間が短いし虫が付くので「りんご」に変更。

2本植えとしたが結実するのだろうか?おたのしみ。

P1000302_2