myblog Feed

2008年12月20日 (土)

無理やり橋へ出撃

そんな場合じゃないんだけど、少し寝てから橋へ出撃してネジ類を捕獲。

たった2本セットしか使わないのに、なんだかんだと3K弱、ネジ類を捕獲していた(笑X501KAI用の光ファイバーとLEDのカップラを固定するのに2mmの皿ネジが要る。

カップラはコーリアン樹脂で。ホント。素人が手加工ができる便利な素材だ。

2008年11月 8日 (土)

オーディオセッション

バシへ出撃して部品捕獲。はむさんと合流。

バシから毎時50分にセッション行きのバスが出ている。

相変らずオーディオ不景気なのかな?これは!という音はなかった。

と言うか?なんちゅーか。どれもこれも電解とエポキシの音がして(爆

トライオードだけかな?わりとしてなかったの。

50万出すなら自作の方が、とか。ガワだけほしいなぁーとか。(笑

2008年9月 2日 (火)

妄想パートゼロ

某32パラですか。すごっ。

4パラがいいな~1/2になるから誰にでも違いがわかるのでは?とか32台の変圧器をずらっと並べて平行運転したらどうなるの?とか。ハンダ付け不良はどうやって押さえるのかな?とか。ア~大変。でもどんな音がでるのだろうか?とか。

と思ってみている間に石が消滅???したのでしょうか???

○田石じゃあるまいし。あるところにはすでにあるのでは?出番を待って、32本切りで38せっと保護されてるのでは???とか妄想。妄想。妄想ですね。なんの根拠も無い希望的妄想。(笑・・・

38せっとはね~USOの38から。

2008年8月21日 (木)

フライス盤

フライス盤がほしい。CNCならもっといい。と言いつづけると、そのうち。来ないかな?ありえん?

2008年8月16日 (土)

買出し

SCD-X501KAIの部品を買出しにバシへ。

PICリモコン回路用電源トランスなどを捕獲。上手い具合に実装できそう。

明日には途中だけれど、とりあえずK式もどきDACでSACDが聴けるかも。

リモコン受信基板とTOTX142を発注しないと完成しない。

2008年8月10日 (日)

なんだかんだとあって

なかなか進みません。リンクも忘れてるし。

久しぶりにKAIDACⅡで試聴。えええー!!!いける。

K式もどきと真剣に勝負してみた。

どちらもいいけど。。。KAIDACくんはぜんぜん負けてない。

KAIDACⅡの方が高級オーディオの感じ。

精密感はK式もどき。

音楽に乗れるのはKAIDACⅡ。チューンしてあるので好みに合うのでしょう。たぶん。

こりゃー。。。

KADACⅡのLM4562+差動合成4580、茶電解、

16倍OSに1541差動+DCアンプのバランス出力。

元NECの。が捨てられて消滅していく。もったいなあー。

記事にして残しておこうかな。

2008年7月24日 (木)

試聴

本命プレーヤーを試聴。

けっこういい感じ。へぇー。

よぉーく聴くと。こりゃ電解カップリング。DCアンプにしないと。

SACDを聴く。SACDはノマド・ソウルを使った。

息使いを強調しての録音か?あるいはSACDだからか?不明。

なんせ高域から空気感のリアル感が増す。なんせ、らしい。らしい。それらしい。感じが。

SACDこれはもしかして?技術の勝利かも。。。

早くK式もどきDACで聴いてみたいものだ。

2008年7月21日 (月)

分解

某SACDの再生可能なミニコンを分解開始。

凄い実装密度。隙間が無い。クソ暑いし、汗だく。

ドライブを外さなければDSDデコーダまで辿りつかない。

これを分解するにはかなり根性というか、決断が要る。

やめておいた方がいい。FM放送からSACDとかDVDとかOKなので

このままBGMとか聴くのに使うのがいい。蓋を閉めた。

バシへ出撃して、本命プレーヤーの現物を見た。

2008年7月18日 (金)

blg移行

071229_b9101 移行が完了。

以前のblogよりかなり強力。

MIDファイルもUPできるけど、著作権の問題があるし。

これはもしろい!

大きいサイズの画像もUPできるようだし。

メンテした京セラアンプの画像。整流器の放熱器を強化してあるけど

夏場ではまだ足りないみたい。

2008年7月 5日 (土)

続もしかして   た。

左Chも銅線JPに変更。
出る出る。クラシックダメじゃないかと聴いてみる。
凄い。歪みだらけと思っていたCDが歪まない。いや?歪んでるけど気にならないが正しいのかも。
くすみが綺麗に消えた。出力CNも止めて直付けしよう。
昼食する時間がおしい。音楽を聴く。

安井式もどきACラインフィルターはうちの環境では必須。
KMH+純正茶電解も必須。
JPは銅線が必須。